辻 泰隆 プロフィール

学年 D3

所属学会 日本化学会、有機合成化学協会

石原研 石原G(元堀部G)

研究課題 ハロゲン結合を鍵とする不斉触媒反応の開拓

主担当 水・光制御係(IR/React IR/旋光計/水分計/光反応装置)(2020年度)

副担当 HPLC/分取GPC係(2020年度)

資格 第3種放射線業務従事者免許、全合成レポートマイスター


学歴・職歴

2016年3月 名古屋大学工学部化学・生物工学科(生物機能工学コース)修了(指導教員:石原一彰教授、堀部貴大特任助教)

2016年5月〜2018年3月 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラムのResearch Assistant (RA)

2018年3月 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻(生物機能工学分野)博士前期課程修了(指導教員:石原一彰教授、堀部貴大特任助教)

2018年4月〜 名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻博士後期課程進学(指導教員:石原一彰教授、堀部貴大特任助教)

2018年4月〜2018年11月 石原研究室のResearch Assistant (RA)

2018年12月〜 名古屋大学卓越大学院プログラム トランスフォーマティブ化学⽣命融合研究⼤学院プログラム(GTR), Research Assistant (RA)

2019年6月〜2019年8月 英国ケンブリッジ大学短期研究留学(指導教員:Dr. Robert Phipps)

 

賞歴

1. 日本化学会東海支部長賞 (2016年3月25日)

2. 卒業論文発表優秀賞 (2016年3月25日)

3. 第7 回CSJ 化学フェスタ 優秀ポスター発表賞 (2017年11月13日)

4. 第21回ヨウ素学会シンポジウム 優秀ポスター発表賞(2018年9月14日)

5. 独立行政法人日本学生支援機構 第一種奨学金 業績優秀者半額返還免除 (博士前期課程)

  (2018年5月31日)

6. 村田学術振興財団 海外派遣援助金採択 (2019年6月11日)

7. 永井科学技術財団 海外大学院海外研修助成金採択(2019年6月13日)

 

論文

1. "Thiourea–I2 as Lewis base–Lewis acid cooperative catalysts for iodochlorination of alkene with

    in situ-generated I–Cl"

    Takahiro Horibe, Yasutaka Tsuji, Kazuaki Ishihara*

    ACS Catal. 2018, 8, 6362–6366.

2. "Halogen-Bonding Interaction between I2 and N-Iodosuccinimide in Lewis Base-Catalyzed

    Iodolactonization"

    Takahiro Horibe, Yasutaka Tsuji, Kazuaki Ishihara*

    Org. Lett. 2020, 22(12), 4888–4892.

口頭発表

1. 求核性カルコゲン触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    日本化学会第96春季年会、1H2-47、京都、2016年3月24日

2. ハロLewis酸-チオウレアLewis塩基協奏型触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    日本化学会第97春季年会、2E5-13、神奈川、2017年3月17日

3. ハロLewis酸-チオウレアLewis 塩基協奏的触媒を用いる一塩化ヨウ素調製法の開発とアルケンのヨード

    クロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    日本化学会第98春季年会、3H4-47、千葉、2018年3月22日h

4. Lewis Base-Halogen-Based Lewis Acid Cooperative Catalysts for Iodochlorination of Alkenes

    with in-situ Generated Iodine Monochloride

    Yasutaka Tsuji, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    The 8th Junior International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia, OP-18,

    Singapore, 31st October, 2018, [国際学会]

5. Lewis塩基–ヨウ素協奏型触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応とヨウ素の添加効果

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    日本化学会第99春季年会、1F1-48、兵庫、2019年3月16日

 

ポスター表表

1. 求核性カルコゲン触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    第49回有機金属若手の会夏の学校、群馬、2016年7月12日

2. チオウレアLewis 塩基触媒を用いたアルケンのヨードクロロ化反応及びポリプレノイドのヨード環化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム、1P-10、大阪、2017年8月3日

3. チオウレアLewis塩基–ハロLewis酸協奏型触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応及びポリプレノイド

    のヨード環化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    日本化学会秋季事業第7回CSJ化学フェスタ、P3-018、千葉、2017年10月17日

4. ハロLewis酸-チオウレアLewis塩基協奏触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応及びポリプレノイドの

    ヨード環化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    ITbM/IGER Chemistry Workshop 2017、P7、愛知、2017年11月6日

5. 求核性チオウレア触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    第50回有機金属若手の会夏の学校、P2、北海道、2017年8月8日

6. Thiourea Lewis Base Catalysts for Iodochlorination of Alkenes

    Yasutaka Tsuji, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    The 8th International Meeting on Halogen Chemistry (HALCHEM VIII), P-49, Aichi, Japan, 13th

    September, 2017 [国際学会]

7. Lewis 塩基-ハロLewis酸協奏型触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    第113回有機合成シンポジウム、P-16、愛知、2018年6月6日

8. 硫黄Lewis塩基触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    第51回有機金属若手の会夏の学校、2P-01、京都、2018年7月3日

9. チオウレアLewis 塩基-ハロLewis酸協奏的触媒を用いる一塩化ヨウ素調製法の開発とアルケンのヨード

    クロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    第21回ヨウ素学会シンポジウム、S15、千葉、2018年9月14日

10. Lewis塩基触媒を用いる一塩化ヨウ素調製法の開発及びアルケンのヨードクロロ化反応

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    第8回 企業と博士人材の交流会、54、愛知、2018年9月1日

11. Lewis塩基–ヨウ素協奏型触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応とヨウ素の添加効果

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    ITbM/IGER Chemistry Workshop 2018、P-15、愛知、2018年12月10日

12. Lewis Base-Iodine Cooperative Catalysts for Iodolactonization for the Construction of Medium     Sized Rings and the Effect of Iodine

    辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

    IGER平成30年度年次報告会、G-1、愛知、2019年1月9日

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan