Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


▼博士研究員募集

募集人員:博士研究員1名

所属:有機・高分子化学専攻 触媒合成学研究グループ(教授 石原一彰)

専門分野:有機合成化学

応募資格:1)博士の学位を有する方、着任までに取得見込み可。2)新しい機能触媒の創製を指向して研究できる方、3)最先端機能分子・材料合成技術ユニット(https://www.facebook.com/syntec.unit/)の運営に協力できる方。着任時期:履歴書(写真貼付)、研究概要、業績リスト、推薦者2名の氏名と連絡先。随時募集。書類送付先・問合せ先:石原一彰教授宛にE-mail添付で送付すること。

http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20161226_engg_1.pdf

▼【石原研 学位授与式】2020年3月27日(金)

出席者:佐原直登博士、望月拓哉博士、加藤丈裕修士、近藤竜太郎修士、月森康夫学士、松井開学士

欠席者:藤浩平修士、枦山貴司修士、平松倫修士、加藤春奈学士、熊谷幸子学士、竹田和生学士

"Chemoselective oxidative generation of ortho-quinone methides and tandem transformations"
Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Ryutaro Kondo & Kazuaki Ishihara*
Nat. Chem. 2020, 12(4), 353–362.
Published: 23 March 2020

DOI: https://doi.org/10.1038/s41557-020-0433-4

News & Views "Mild map to quinone methides"
Boris J. Nachtsheim

Nat. Chem. 2020, 12(4), 326–328.

Published: 23 March 2020

https://www.nature.com/articles/s41557-020-0443-2

▼【プレスリリース】名古屋大学 2020年3月30日(月)

「ヨウ素を触媒に『キノンメチド』の実用的生成法を開発 ~医薬品や機能性材料の探索・合成研究を推進~」

▼【プレスリリース】日本の研究.com 2020年3月30日(月)

「ヨウ素を触媒に『キノンメチド』の 実用的生成法を開発 ~医薬品や機能性材料の探索・合成研究を推進~」

▼【新聞掲載】化学工業日報 2020年3月24日(火)3面

見出し「医薬品の鍵中間体キノンメチド ヨウ素触媒使い生成 名古屋大」

▼【新聞掲載】科学新聞 2020年4月3日(金)4面

見出し「名古屋大 不安定な反応中間体 キノンメチドの新規合成法開発 金属不要で副生成物はアルコールのみ 新薬開発や医農薬品製造に期待」

追いコン
2020年3月19日(木) 名大、工学研究科1号館2階121講義室(200席)

石原研春季年会2020
2020年3月18日(水) 名大、工学研究科1号館2階121講義室(200席)

A講演(7分+2分)、B講演(15分+4分)

Farewell Party on March 18th, 2020.
Congratulations!
石原研修了(博士後期課程):佐原直登、望月拓哉
石原研修了(博士前期課程):近藤竜太郎、藤浩平、平松倫、枦山貴司

"Cationic Iron(III) Salt as an Initiator for Radical Cation-induced [4+2] Cycloaddition"

Takahiro Horibe, Shuhei Ohmura, Kei Katagiri, Kazuaki Ishihara*

Asian J. Org. Chem. 2020, 9(3), 395–398.

Special issue: Earth-Abundant Metals in Catalysis (Guest editors Profs. Laurean Ilies, Stephen Thomas, and Ian Tonks)

 

DOI: 10.1002/ajoc.201900749 (First Published: 22 January 2020)

"Radical‐Cation‐Induced Crossed [2+2] Cycloaddition of Electron‐Deficient Anetholes Initiated by Iron(III) Salt"
Takahiro Horibe, Kei Katagiri, Kazuaki Ishihara*
Adv. Synth. Catal. 2020, 362(4), 960–963.
First Published: 13 December 2019

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adsc.201901337

加藤丈裕(M2)が2019GTR成果報告会(2020年1月9日(木))において優秀ポスター賞を受賞!

Cover Picture & Inside Cover Picture

Highlight Review (open access)] "Initiators for Radical Cation-induced [2 + 2]- and [4 + 2]-Cycloadditions of Electron-Rich Alkenes"

Takahiro Horibe and Kazuaki Ishihara*
Chem. Lett. 2020, 49(1), 107–113.
https://doi.org/10.1246/cl.190790

https://www.journal.csj.jp/do/10.5555/fc8b432f-46c4-4fc4-a6ae-997af8d5f946/abs/


▼Chemoselective Oxidative Spiroetherification and Spiroamination of Arenols Using I+/Oxone Catalysis

Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, Outa Katade, Kazuaki Ishihara*

Org. Lett.2020, 22(2), 560–564.

Publication Date:December 24, 2019

https://doi.org/10.1021/acs.orglett.9b04324

▼全合成レポートマイスター制度(2019年度制定)

1年間のマンスリー全合成レポート課題において、特に優秀と認められる学生には「全合成レポートマイスター」としての栄誉を与え、次年度より全合成課題を提案、添削、評価する資格を持ち、後進の指導に携わることができる。

2019年度 全合成レポートマイスター有資格者:佐原直登(D3)、望月拓哉(D3)、大村修平(D2)、辻泰隆(D2)、田中啓貴(D1)、西村和揮(D1)

▼2019年度 全合成レポート優秀者発表

最優秀者:田中啓貴(D1)

優秀者:西村和揮(D1)、安井俊博(M1)

▼TCIメールへの寄稿論文
「デザイナーC2対称ジアミド型キラルヨードアレーン触媒」
ウヤヌク ムハメット、石原 一彰
TCIメール 2019, No. 182, 2–16.

"Designer C2-symmetric Chiral Diamide-type Organoiodine Catalysts"
Muhammet Uyanik and Kazuaki Ishihara
TCIMAIL, 2019, No. 182, 2–14.

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan