Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


▼博士研究員募集

募集人員:博士研究員1名

所属:有機・高分子化学専攻 触媒合成学研究グループ(教授 石原一彰)

専門分野:有機合成化学

応募資格:1)博士の学位を有する方、着任までに取得見込み可。2)新しい機能触媒の創製を指向して研究できる方、3)最先端機能分子・材料合成技術ユニット(https://www.facebook.com/syntec.unit/)の運営に協力できる方。着任時期:履歴書(写真貼付)、研究概要、業績リスト、推薦者2名の氏名と連絡先。随時募集。書類送付先・問合せ先:石原一彰教授宛にE-mail添付で送付すること。

http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20161226_engg_1.pdf

▼第54回有機反応若手の会(2019.6.30-7.2/マリンロッジ海風館

片桐佳(M1) ポスター講師賞受賞 「鉄(III)塩を開始剤に用いるα,β-不飽和カルボニル化合物とスチレンのラジカルカチオン[2+2]環化反応」 講師の寺田眞浩先生からサインを頂きました。

石崎伸一(M1)・片桐佳(M1) 研究室紹介優秀賞受賞 TCIから特製T-シャツを頂きました。

https://pcat.cat.hokudai.ac.jp/meeting/cgi-bin/application/db_application_e.cgi

▼防煙フード設置(耐熱温度≤150°C)

▼GTR−IGER Seminar at the Venture Hall, VBL on 1st July, 2019

Prof. M. Christina White, Department of Chemistry, University of Illinois, USA

"Molecular Surgery"


祝全勝優勝!(令和元年生物機能工学ソフトボール大会)
[第4回戦 対清中研]10:8で辛勝
[第3回戦 対本多研]20:9で撃破
[第2回戦 対堀研]17:7で撃破
[第1回戦 対浅沼研]21:9で撃破

▼工学概論第一 がんばれ後輩 講師:長谷川愛子氏(塩野義製薬株式会社 CMC研究本部 製薬研究センターサブグループ長、工学博士)

演題「薬を創り、造り、売る 〜製薬会社の挑戦〜」

会場:IB電子情報館大講義室

日時:2019年6月11日(火)10:30~12:00

▼化学生命工学特別講義 講師:森敦紀教授(神戸大学)

有機分子骨格の構築 遷移金属触媒を利用するカップリング反応の活用(3,4限)

【公開講演会】ヘテロ芳香族化合物の機能設計、構造設計(5限)

会場:工学研究科1号館121講義室

日時:2019年6月7日(金)13:00~18:00

▼巻頭言「ヨウ素を知るには隣のハロゲン・カルコゲンに着目を」

石原一彰

ヨウ素学会SIS Letters 2019, No. 20, 1(2019年5月第20号)

 

 ヨウ素学会でヨウ素の科学をフォーカスするのは当然のことであるが、ヨウ素はハロゲン族(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチン、テネシン)の一元素であり、ヨウ素の特徴を引き出すには他のハロゲン元素との比較が不可欠である。研究者であれば、周期表におけるヨウ素の一つ上に位置する臭素に特に着目したい。一方、ヨウ素の下に位置するアスタチンは強い放射能と短い半減期のため、研究用以外に用途はない。
 私は有機反応の触媒や反応剤の開発に関する研究をしているが、それらの鍵元素としてヨウ素に強い関心を持っている。ヨウ素を遷移金属や重金属の代替元素として利用して触媒や反応剤が開発できれば環境低負荷有機合成技術の向上に繋がるからである。実際、研究してみると有機反応の基質や反応様式の違いによってヨウ素を利用した方がよい場合と臭素を利用した方がよい場合があることに気づかされる。
 また、ハロゲン族の左隣にはカルコゲン族があり、ヨウ素の左隣はテルルである。近年、ハロゲン結合に注目が集まっているが、昨年のハロゲン結合国際会議では、カルコゲン結合についても議論されており目が離せない。
 ヨウ素の化学的特性を深く知り、それを活かすためには、他のハロゲン・カルコゲン元素についても同様に知ることが必要であり、ヨウ素だけにフォーカスしていると井の中の蛙になる恐れがある。

▼塩化鉄(III)を用いた芳香族ラジカルカチオンの単離と反応性

堀部貴大、大村修平、石原一彰

ケミカルエンジニヤリング 2019, 64(5), 297–304. (発行日:2019年5月1日)

http://www.kako-sha.co.jp/newvol.htm#Chem

N,N'-[(2S,2'S)-[2-Iodo-1,3-phenylene)bis(oxy)]bis(propane-2,1-diyl)]bis(mesitylamide) (CAS RN: 1399008-27-5, 製品コード: I1092)

2019年4月26日にTCIから上市された。

Happy 56th Birthday, Prof. K. Ishihara! (April 26, 2019)

▼2,4-Bis(trifluoromethyl)phenylboronic Acid Catalyzed Amidation"
Synfacts 2019, 15(01), 99.
DOI: 10.1055/s-0037-1611431
Contributors: H. Yamamoto, T. Hattori
https://www.thieme-connect.com/…/abs…/10.1055/s-0037-1611431

 

"The ortho-Substituent on 2,4-Bis(trifluoromethyl)phenylbornoic acid catalyzed dehydrative condensation between carboxylic acids and amines," Wang, K.; Lu, Y.; Ishihara, K. Chem. Commun. 2018, 54, 5410–5413.

▼Tris(pentafluoropenyl)borane-Assisted Chiral Phosphoric Acid Catalysts for Enantioselective Inverse-Electron-Demand Hetero-Diels–Alder Reaction of α,β‐Substituted Acroleins

Manabu Hatano, Tatsuhiro Sakamoto, Takuya Mochizuki, Kazuaki Ishihara*
Asian J. Org. Chem. 2019, early view.
Version of Record online:01 April 2019
https://doi.org/10.1002/ajoc.201900104

▼Farewell Party on March 26th, 2019.

▼安井俊博(B4)が日本化学会東海支部長賞を受賞。

▼西村和揮(M2)が鏡友会賞を受賞。副賞あり!

▼学位記授与式 3月25日  卒業生に感謝感謝です。

博士(工学):阪本竜浩、西岡浩平

修士(工学):片出旺太、榊原聖人、田中啓貴、中川恵太、西尾幸祐、西村和揮

学士(工学):有馬弘、石川達也、石崎伸一、片桐佳、林裕之、安井俊博

▼追いコン 3月22日  あ〜楽しかった! 卒業生に感謝です。

▼名古屋大学オープンレクチャー2019

3月21日(木・祝) ◎入場無料 ◎要事前申込み(先着順)
13:30~14:00 受付(理学南館坂田・平田ホール)
14:00~14:20 名古屋大学概要説明 ほか
14:30~16:00 公開講義(各講義室:当日ご案内します)

「反応を自在にあやつる触媒づくりのはなし」
講師:石原一彰 工学研究科・教授
触媒とは、それ自体は変化せず、少量で反応を加速する物質です。新しい触媒の開発は、医薬品製造や環境問題の解決など、さまざまな産業で必要とされています。化学反応を自在にあやつり、欲しい物質を得るための触媒研究の話をします。
※講義終了後、希望者は研究室見学(16:30終了予定)あり。
https://www.aip.nagoya-u.ac.jp/public/openlecture/index.html

▼Tris(pentafluorophenyl)borane-Assisted Chiral Brønsted Acid Catalysts for enantioselective Inverse-Electron-Demand Hetero-Diels–Alder Reaction of Acroleins

Asain J. Org. Chem. 2019, in press.
Manabu Hatano, Tatsuhiro Sakamoto, Takuya Mochizuki, and Kazuaki Ishihara*

DOI: https://doi.org/10.1002/ajoc.201900104
Publication Date (Web): 06 March 2019

▼Prof. David W. C. MacMillan (Princeton University, USA) visited Prof. Ishihara's office and enjoyed Japanese tea ceremmony on Feb. 27, 2019

▼Organic Seminar on Feb. 25, 2019

Professor Jon T. Njardarson, University of Arizona


▼Structure and Reactivity of Aromatic Radical Cations Generated by FeCl3

J. Am. Chem. Soc. 2019, 141(5), 1877–1881.
Takahiro Horibe, Shuhei Ohmura, and Kazuaki Ishihara*
DOI: 10.1021/jacs.8b12827
Publication Date (Web): January 24, 2019

▼名古屋大学プレスリリース

「効率的ナノ炭素材料構築のための反応機構解明 〜100年以上明かされていなかった反応中間体の単離〜」(2019年2月8日)

日本の研究.com(2019年2月12日)

「効率的ナノ炭素材料構築のための反応機構解明 〜100年以上明かされていなかった反応中間体の単離〜」▼化学工業日報(1面)

「医薬品原料を効率合成 C-C結合の機構の解明で」(2019年2月13日)

▼日刊工業新聞(25面)

「ナノ炭素材合成向け中間体 名大が2分子反応機構解明」(2019年2月26日)

website: https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00507637

▼Chem-Station(スポットライトリサーチ)

100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!」(2019年3月6日)

https://www.chem-station.com/blog/2019/03/arc.html

 

▼Ammonium Hypoiodite-catalyzed Oxidative Dearomatizative Azidation of Arenols

Chem. Lett. 2019, 48(4), 353–356.
Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, and Kazuaki Ishihara*
https://doi.org/10.1246/cl.181036

2019 Chemcal Science HOT Article Collection

Enantioselective [1,3] O-to-C Rearrangement: Dearomatization of Alkyl 2-Allyloxy/benzyloxy-1/3-naphthoates Catalyzed by a Chiral π–Cu(II) Complex
Lu Yao and Kazuaki Ishihara*
Chem. Sci. 2019, 10(8), 2259–2263.

The article was first published on 10 Jan 2019
http://dx.doi.org/10.1039/C8SC05601C

This paper was ranked 1st in the list of HOT Chemical Science Articles for January (28 February, 2019)

 

山本尚先生に文化功労者の顕彰

石原一彰
有機合成化学協会誌 2019, 77(1), 3–3.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi/77/1/77_3/_article/-char/ja

Very Important Paper

Regioselective Oxidative Chlorination of Arenols Using NaCl and Oxone

Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, and Kazuaki Ishihara*

Eur. J. Org. Chem. 2019, (1), 27–31.

https://doi.org/10.1002/ejoc.201801063

Front Cover Picture (Eur. J. Org. Chem. 2019, No. 1.)

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/ejoc.201801769

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan