▼研究室HP閲覧用の道案内

 研究室見学・面談をご希望される方は石原一彰教授までご連絡ください。

Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


"Iodine Catalysis in Organic Synthesis" coedited by Kazuaki Ishihara and Kilian Muñiz

Wiley-VCH
The book will be first published on 14 March, 2022
ISBN-10: 3527348298, ISBN-13: 978-3527348299

▼第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会特別討論会「明日を拓く有機化学」にて、西村和揮(D3)がVIP賞を受賞(2021年11月30日(火))

キラルπ–銅(Ⅱ)–π触媒によるアシルピラゾール類のエナンチオ選択的α-ハロゲン化反応

▼3名が東海国立大学機構融合フロンティア次世代リサーチャー(the THERS Interdisciplinary Frontier Next Generation Researcher)に認定。

田中啓貴 (D3)、西村和揮 (D3)、HUANG Jianhao (D1)

▼"19. 不斉Diels–Alder反応および関連反応"、"80. エステル合成”

波多野学、石原一彰
"有機合成のための新触媒反応101," pp. 38–39, 160–161, 編集 檜山爲次郎、中尾佳亮、中野幸司、有機合成化学協会編、東京化学同人、2021年11月8日出版、ISBN: 978-4-8079-2005-1

BBQ @ ららぽーと名古屋港(2021年11月5日(金))

"Hypoiodite-catalysed oxidative homocoupling of arenols and tandem oxidation/cross-coupling of hydroquinones with arenes"

Muhammet Uyanik, Dai Nagata and Kazuaki Ishihara*
Chem. Commun. 2021, 57(88), 11625–11628 (HOT articles)
The article was first published on 21 Oct 2021

▼第50回複素環化学討論会にて、田中啓貴(D3)がHeterocycles Award (優秀発表賞)を受賞

(2021年10月18日(月)) 優秀発表者リスト
3O-09 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールアルカロイド類の酸化的合成法の開発

【触媒の匠工房】環境に優しい触媒をデザインして、化学反応を自在に操る(動画)

テクノフェア名大2021(2021年10月16日(土))

▼GTRリトリート2021にて、松井開(M2)のチームが異分野融合コンテスト第一位を受賞

GTRリトリート2021(2021年10月15日(金))

▼GTRリトリート2021にて、片桐佳(D1)がBest Presentation Awardを受賞

GTRリトリート2021(2021年10月15日(金))

▼祝Benjamin List & David W. C. MacMillanのノーベル化学賞受賞

寄稿「有機分子触媒化学の躍進」石原一彰

別冊「化学」化学のブレークスルー(2009年発刊)p. 18-22.

別冊化学「化学のブレークスルー」.pdf
化学のブレークスルー(2009年).pdf
Adobe Acrobat Document 1.8 MB

▼毎日新聞(2021年10月14日朝刊13面)

見出し「ノーベル賞 結実した研究とは

石原一彰教授のコメントが紹介されています。

▼京都新聞(2021年10月7日朝刊2面)

見出し「環境負荷減へ道開く」

石原一彰教授のコメントが紹介されています。

 

 

▼熊本日日新聞(2021年10月7日朝刊5面)

見出し「環境負荷減へ道開く」

石原一彰教授のコメントが紹介されています。

 

▼中日新聞(2021年10月7日朝刊3面)

見出し「化学賞に米英2氏 ノーベル賞 新触媒で薬合成貢献

石原一彰教授のコメントが紹介されています。

▼西村和揮(D3)が博士学術賞(名大鏡友会)を受賞(2021年10月12日)

研究課題:キラルπ-銅(II)触媒によるアシルピラゾール類のエナンチオ及び位置選択的α-フッ素化反応の創出


鈴鹿高専向け学科・専攻紹介(2021年10月6日、オンライン形式)

石崎伸一(鈴鹿高専OB、工学修士(石原研)、2021年信越化学工業株式会社入社)

山本翔吾(鈴鹿高専OB、M1(石原研))

阪本竜浩博士がCorinna Schindler研に3ヶ月研究留学した際の研究論文がChem. Sci.に掲載されました。

"Origin of Enantioselectivity Reversal in Lewis Acid-Catalysed Michael Additions Relying on the Same Chiral Source"
Paul S. Riehl, Alistair D. Richardson, Tatsuhiro Sakamoto, Jolene P. Reid* and Corinna S. Schindler*
Chem. Sci. 2021, accepted.

院試合格お祝いコンパ 2021年10月2日(土)

片桐佳(D1)がJSPSのDC2に採択されました。おめでとうございます!

特別研究員:April 1, 2022~ March 31, 2024

Jianhao HUANG(M2) adopted DC1 of JSPS on Sep. 27, 2022.  Congratulations!

特別研究員:April 1, 2022~ March 31, 2025

Jianhao HUANG graduated from a master course of G30 program on Sep. 27, 2022.  Congratulations!

"Oxidative Ritter-type Chloroamidation of Alkenes Using NaCl and Oxone"

Takehiro Kato, Yuya Okada, Yuto Fujii, Muhammet Uyanik,* Kazuaki Ishihara*
Asian J. Org. Chem. 2021, just accepted.  Special Collection
DOI: 10.1002/ajoc.202100575 (Publication Date: 21 September 2021)

加藤丈裕(D2)が最優秀ポスター賞(Bulletin of Chemical Society of Japan賞)を受賞

第37回有機合成化学セミナー(2021年9月15–17日、オンライン(zoom))

P-12 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールの酸化的脱芳香族化反応


加藤丈裕(D2)が優秀ポスター賞を受賞

第24回ヨウ素学会シンポジウム(2021年9月10日、オンライン(zoom))


"触媒的ペプチド合成の最前線"

石原 一彰
ファルマシア 2021, 57(9), 804-809.
公開日: 2021/09/01

"Radical cation [4+2] cycloaddition of non-conjugated tetrasubstituted alkenes by an FeCl3/AgSbF6 Co-Initiator"

Shuhei Ohmura, Ryosuke Isogai, Kazuaki Ishihara*
Asian J. Org. Chem. 2021, 10(10), 2534–2537.  Special Collection
DOI: 10,1002/ajoc.202100473 (Publication Date: 26 August 2021)

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan