▼大学院入試情報

2021年度M1進学生の石原研配属定員数4~6人

Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


▼博士研究員随時募集

募集人員:博士研究員1名

所属:有機・高分子化学専攻 触媒合成学研究グループ(教授 石原一彰)

専門分野:有機合成化学

応募資格:1)博士の学位を有する方、着任までに取得見込み可。2)新しい機能触媒の創製を指向して研究できる方、3)最先端機能分子・材料合成技術ユニット(https://www.facebook.com/syntec.unit/)の運営に協力できる方。着任時期:履歴書(写真貼付)、研究概要、業績リスト、推薦者2名の氏名と連絡先。随時募集。書類送付先・問合せ先:石原一彰教授宛にE-mail添付で送付すること。

http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20161226_engg_1.pdf

大村修平(D3)が第11回 大津会議 Otsu Conference 2020 ─有機合成の夢を語る─に参加しました。なお、開催時期が2021年2月22-23日に変更となり、オンラインで実施されました。

▼"Chiral organoiodine-catalyzed enantioselective oxidative dearomatization of phenols"

Muhammet Uyanik, Shinichi Ishizaki, and Kazuaki Ishihara*

Org. Synth. 2021, 98, 28–50.

DOI: 10.15227/orgsyn.098.0028 (Published on the Web 2/27/2021)

▼"Synthesis of chiral organoiodine catalyst for enantioselective oxidative dearomatization reactions: N,N'-(2S,2S')-(2-iodo-1,3-phenylene)bis(oxy)bis(propane-2,1-diyl)bis(2,4,6-trimethylbenzamide)"

Muhammet Uyanik, Shinichi Ishizaki and Kazuaki Ishihara*
Org. Synth. 2021, 98, 1–27
DOI: 10.15226/orgsyn.098.0001 (Published on the Web 2/25/2021)

▼[Researcher Profile] Kazuaki Ishihara
Asia Research News
First published: 6 February 2021
https://www.asiaresearchnews.com/content/kazuaki-ishihara

The "Mix-Lab" joint research project between Kamigaito group and our group has started since January, 2021.

GTRの支援によって実験室(912, 913)と居室(905)が整備されました

▼2020全合成レポート総合成績優秀者発表:片桐佳(M2、写真右)、月森康夫(M1、写真左)

特に質の高いレポートをコンスタントに提出した片桐佳君には2020全合成レポートマイスターの称号を授与します。

Welcome to our laboratory, Weiwei GUO (D1 of G30 program, China Scholarship Council (中国政府派遣留学生).

He graduated master course in Shaanxi Normal University, P. R. China.

▼【未来の研究者The Researchers of The Future】

「鉄」の特性を活かした環境に優しい触媒的有機反応の開拓

大村修平
press e 2020, No. 46, 16–16

Chemoselective Transesterification of Methyl (Meth)acrylates Catalyzed by Sodium(I) or Magnesium(II) Aryloxides

Jie Qi Ng, Hiro Arima, Takuya Mochizuki, Kohei Toh, Kai Matsui, Manussada Ratanasak, Jun-Ya Hasegawa*, Manabu Hatano*, and Kazuaki Ishihara*
ACS Catal. 2021, 11(1), 199–207
DOI: 10.1021/acscatal.0c04217 (Publication Date: December 16, 2020)

名古屋大学プレスリリース(2020年12月18日(金))

触媒的エステル交換法を用いる(メタ)アクリル酸エステルの効率合成~ 低環境負荷製造技術を推進 ~

日本の研究.com(2020年12月21日(月))

触媒的エステル交換法を用いる(メタ)アクリル酸エステルの効率合成~ 低環境負荷製造技術を推進 ~

学工業日報3面掲載(2021年1月18日(月))

見出し「(メタ)アクリル酸エステル 高効率合成法を開発 名古屋大など 常温・無溶剤で」

Asia Research News(2021年2月10日(水))

Headline "Industrial compound gets eco-friendly reaction" 
Scientists have found catalysts that improve an important industrial reaction and make it more eco-friendly.

EurekAlert!(2021年2月10日(水))

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan