Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


▼博士研究員募集

募集人員:博士研究員1名

所属:有機・高分子化学専攻 触媒合成学研究グループ(教授 石原一彰)

専門分野:有機合成化学

応募資格:1)博士の学位を有する方、着任までに取得見込み可。2)新しい機能触媒の創製を指向して研究できる方、3)最先端機能分子・材料合成技術ユニット(https://www.facebook.com/syntec.unit/)の運営に協力できる方。着任時期:履歴書(写真貼付)、研究概要、業績リスト、推薦者2名の氏名と連絡先。随時募集。書類送付先・問合せ先:石原一彰教授宛にE-mail添付で送付すること。

http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20161226_engg_1.pdf

安井俊博(M1)と片桐佳(M1)が優秀ポスター発表賞ダブル受賞@化学フェスタ2019
P5-023 安井 俊博 (名大院工) 2-アルキルスピロインドレニンの1,3-転位型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成
P5-038 片桐 佳 (名大院工) カチオン性鉄(III)塩を開始剤に用いる α,β–不飽和カルボニル化合物とスチレンのラジカルカチオン[2+2]環化反応


▼Organic Seminar (ACP Lectureship) of Assistant Professor Rowan D. Young (Department of Chemistry, National University of Singapore, Singapore)
"Developing methods for facile and selective C–F functionalisation"

16:30–18:00, Tue., 19th Nov., 2019 @ the Venture Hall, 3F, VBL, Nagoya University


加藤丈裕(M2)が優秀賞受賞@第50回中部化学関係学協会連合秋季大会(松本)
2P05 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的酸化的
脱芳香族化反応
(名大院工)○加藤 丈裕・佐原 直登・ウヤヌク ムハメット・石原 一彰


望月拓哉(D3)がVIP賞受賞第50回中部化学関係学協会連合秋季大会(松本)
1A02 ホウ素Lewis酸-キラルリン酸複合触媒を用いるマルチ選択的付加環化反応
(名大院工) ○望月 拓哉・阪本 竜浩・波多野 学・石原 一彰


"High-Performance Ammonium Hypoiodite/Oxone Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Arenols"
Muhammet Uyanik, Takehiro Kato, Naoto Sahara, Outa Katade, Kazuaki Ishihara*
ACS Catal. 2019, 9, 11619–11626.
Publication Date: November 14, 2019
https://doi.org/10.1021/acscatal.9b04322

Highlight Review (open access)]

"Initiators for Radical Cation-induced [2 + 2]- and [4 + 2]-Cycloadditions of Electron-Rich Alkenes"

Takahiro Horibe and Kazuaki Ishihara*
Chem. Lett. 2020, 49(1), advance publication.
https://doi.org/10.1246/cl.190790

▼日間賀島への研修旅行(2019年11月1~2日)

【その1】10:20 豊田講堂前集合
10:40 出発

【その2-1】11:30 魚太郎到着。浜焼きバーベキュー(食材選び)

【その2-2】11:30 魚太郎到着。浜焼きバーベキュー

【その3】14:10 魚太郎出発
14:30 師崎港着
15:00 師崎港発
15:15 日間賀島着

【その4】15:30 たくみ観光ホテル着

【その5】自由時間(釣り三昧、ジョギングなど...)

【その6】18:00 夕食

【その7】19:00 セミナー
1. 佐原直登(D3) 留学報告(Prof. Darren Dixon, Univ. of Oxford; 2019年6月1日〜8月31日)」
2. 大村修平(D2) 留学報告(Prof. Jin-Quan Yu, The Scripps Research Institute, La Jolla, CA), 2019年6月1日〜8月31日」
3. 辻泰隆(D2) 留学報告(Prof. Robert J. Phipps, Univ. of Cambridge, 2019年6月1日〜8月31日」
4. 望月拓也(D3) 野依フォーラム第5回若手育成塾参加報告(2019年7月18~19日)
5. Dr. Lu YAO (Postdoc) 2019 ACP Junior in Busan (2019年9月23~25日)

【その8】21:30 懇親会

【その9】7:30 朝食(全員寝不足...)

【その10】日間賀島の魅力(夕日、タコ(超原子価ハロゲン的)、テトラポット(sp3炭素的)、ヘキサポット(d2sp3金属的)、朝日)。日間賀島は超原子価ハロゲン、有機化学、錯体化学について思い巡らすのに最高のスポットだ!

An enantioselective oxidative coupling reaction of 2-naphthol derivatives catalyzed by chiral diphosphine oxide–iron(ii) complexes
Takahiro Horibe, Keita Nakagawa, Takashi Hazeyama, Kazuki Takeda and Kazuaki Ishihara*
Chem. Commun. 2019, 55(91), 13677–16680.
https://doi.org/10.1039/C9CC07834G

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan