Global 30 Internantional Program: Chemistry Graduate Program (Graduate School of Engineering)

The programs offered in English at the graduate level. Only the October intake is available every year, and the application can be done via the online admissions system, which you can access through our website.

【注目】名古屋大学では博士後期課程学生を全力支援!

    ~博士課程学生への経済的負担が限りなく軽減された!

 

▼研究室HP閲覧用の道案内

 研究室見学・面談をご希望される方は石原一彰教授までご連絡ください。

Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


避難者確認カード.pdf
避難者確認カード.pdf
Adobe Acrobat Document 2.9 MB

▼化学生命工学特別講義(2023年6月2日(金))

公開講演会「ラジカル触媒」大宮寛久教授(京都大学化学研究所)


▼3ヶ月の研究留学

Kei Katagiri (D3) joined Prof. Daniele Leonori's research group (RWTH Aachen University, Germany) on June 1, 2023. He will stay here as a research graduate student for three months.

KD会ソフトボール大会 1回戦(対鳥本研)2023年5月26日(金)7:30 am開始

 10:3で散る。

A Lewis base–silyl Lewis acid cooperative catalyst for the iodochlorination  of tetrasubsttuted alkenes

Keigo Nagami, Shuhei Ohmura,* and Kazuaki Ishihara*
Asian J. Org. Chem. 2023, 12, accepted. (Special Selection: Keiji Maruoka's 70th Birthday)
DOI: 10.1002/ajoc.202300228
Publication Date: May 25, 2023.

▼Kazuaki Ishihara received the Chemistry Reader Award for 2023Research.com)

Kazuaki Ishihara is ranked #1652 in the world and #93 in Japan among Best Scientists for 2023.

▼触媒的エナンチオ選択的α-ハロゲン化反応に潜むハロゲン結合の影響

石原一彰

有機合成化学協会雑 2023, 81(5), 474–482.

発行日:2023/05/01, 公開日:2023/5/10

DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.81.474

▼news zero (日本テレビ)のリモート取材に石原教授が対応

アルカリ性洗剤によるアルミ缶破裂事件

放送日時:2023年5月9日(火)23:00

▼第6回石原研究室同窓会 及び 石原教授還暦祝い

日時:2023年5月6日(土)12:00-15:00(10:30受け付け開始)
場所:ホテルルブラ王山(〒464-0841名古屋市千種区覚王山通8-18、https://www.rubura.org/
会費:7,000円


1. 受付

2. 懇親会(司会:大村修平助教)


3. 斎藤進様(名古屋大学教授)のスピーチ

5. 坂倉彰様(岡山大学教授)のスピーチ

4. 花木直幸様(フジフイルム)のスピーチ

6. 波多野学様(神戸薬科大学教授)のスピーチ



7. 中村慎吾様(Veritas in Silico)

8. 小林(近藤)玲様(住友ファーマ)


9. 堀部貴大様(中外製薬、元石原研特任助教)

10. 現石原研メンバーからの花束と記念品の贈呈


11. 小林祐輔様(京都薬科大学准教授)からの祝電

12. 石原一彰教授、お礼の挨拶


13. 懇親会の様子

14. 秘蔵写真(花木直幸博士からのご提供)

▼学術講演会

日時:2023年5月6日(土)11:00-12:00(10:30受け付け開始)
講師:石原一彰教授(座長:UYANIK Muhammet准教授)
場所:ホテルルブラ王山(〒464-0841名古屋市千種区覚王山通8-18、https://www.rubura.org/
会費:無料

4月21日現在、事前参加登録希望者多数にて受付を締め切らさせて頂きました。

▼石原一彰教授の還暦祝い

日時:2023年4月26日(水)

動画:https://www.facebook.com/kishiharalab/videos/190803273351625/

加藤丈裕博士が日本化学会第 103 春季年会(2023) にて「学生講演賞」を受賞

K705-1pm-05 「次亜ハロゲン酸塩触媒作用を駆使するアレノールの酸化的脱芳香族型カップリング反応」(名大院工)加藤 丈裕 氏

▼基盤研究(S)採択(研究代表者:石原一彰、2023~2027年度)

脱炭素社会創造センターのNewsに取り上げられました(2023年4月18日)。

▼1,3-Migrative ring expansion of spiroindolenines to azepino[3,4-b]indoles

Hiroki Tanaka, Toshihiro Yasui, Muhammet Uyanik,* and Kazuaki Ishihara*
Org. Lett. 2023, 25(14), 2377–2381.
DOI: 10.1021/acs.orglett.3c00207
Publication Date: February 27, 2023.  Front Cover

▼赤川翔(B4)が鏡友会賞受賞(2023年4月1日)

本賞は化学生命工学科3年次までの成績最優秀者に贈呈されます。

副賞は1万円相当の図書券です!


▼新歓コンパ(2023年4月1日)

▼学士学位授与式(2023年3月27日)

赤尾颯斗学士、浅田康太朗学士、浦田真由学士、森野高晴学士、上甲知枝学士、おめでとうございます。

▼修士学位授与式(2023年3月27日)

野村晃佑修士、山本翔吾修士、おめでとうございます。

博士学位授与式(2023年3月27日)

加藤丈裕博士、おめでとうございます。

Catalyst-Substrate Helical Character Matching Determines the Enantioselectivity in the Ishihara-Type Iodoarenes Catalyzed Asymmetric Kita-Dearomative Spirolactonization

Authors: Hanliang Zheng, Liu Cai, Ming Pan, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Xiao-Song Xue*
J. Am. Chem. Soc. 2023, 25(14), 7301–7312.
Publication Date: March 20, 2023

▼追いコン(2023年3月20日)

▼Farewell Party (2023年3月20日)

今利真PD、加藤丈裕D3、野村晃佑M2、山本翔吾M2、上甲知枝B4

卒業生から茶話会用にとお皿を頂きました。ありがとうございました。

▼松田春輝君(信州大)との顔合わせ(2023年3月15日)。4月からM1として当研究室に配属決定。

▼新B4との顔合わせ(2023年3月13,14日)

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan