堀部 貴大 プロフィール

名古屋大学

大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 生物機能工学分野

バイオマテリアル講座 生体機能物質化学研究グループ 特任助教

 

所属学会
日本化学会

有機合成化学協会

 

horibe[at]chembio.nagoya-u.ac.jp

TEL 052-789-3334 / FAX 052-789-3222


堀部Gメンバー(2017年度)

大村修平 (M2)、辻泰隆 (M2)、榊原聖人(M1)、中川恵太(M1)、枦山貴司(B4)、平松倫(B4)

経歴

1985年 生まれ

2004年 愛知県立豊田西高等学校卒業

2008年 名古屋大学工学部卒業
2010年 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻博士前期課程修了

2010年 米国ハーバード大学化学科短期留学 (Tobias Ritter教授)

2011年 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2013年 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻博士後期課程修了 (石原一彰教授), 博士(工学)
学位論文: "キラルリチウム(I)及びマグネシウム(II)ビナフトラート触媒を用いるエナンチオ選択的Mannich型反応とヒドロホスホニル化反応の開発"

2013年-2015年 米国カリフォルニア大学バークレー校化学科 博士研究員 (F. Dean Toste教授)
2015年 名古屋大学大学院工学研究科 特任助教 (石原一彰研究室)

賞歴

2008年 平成21年有機合成化学協会東海支部VIP賞

2009年 平成22年度名古屋大学学術奨励賞

2011年 第二回大津会議アワードフェロー

2012年 IGER Annual Research Award
2013年 第七回わかしゃち奨励賞
2013年 日本化学会第93回春季年会学生講演賞
2014年 Reaxys PhD. Prize, finalist

2016年 有機合成化学協会 富士フイルム 研究企画賞

Publication

7. Enantioselective Cyanosilylation of Ketones with Lithium(I) Dicyanotrimethylsilicate(IV) Catalyzed by a Chiral Lithium(I) Phosphoryl Phenoxide
Manabu Hatano, Katsuya Yamakawa, Tomoaki Kawai, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara*
Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 4021-4025.

DOI: 10.1002/anie.201510682

6. Gold(I)-Catalyzed Enantioselective [3+2] and [3+3] Cycloaddition Reactions of Propargyl Acetals/Ketals
Cristina Navarro, Nathan D. Shapiro, Maurizio Bernasconi, Takahiro Horibe, F. Dean Toste
Tetrahedron 2015, 71, 5800-5805.

  • Special Issue: 2014 Tetrahedron Prize for Creativity in Organic Chemistry, Palladium and Other Transition Metal-Catalyzed Reactions: Methods and Applications

5. Stable And Versatile Gold(III) Catalysts by Oxidative Addition of a Strained Carbon-Carbon Bond

Chung-Yeh Wu*, Takahiro Horibe* , Christian B. Jacobsen, F. Dean Toste

*These authors contributed equally

Nature. 2015, 517, 449-454. 

DOI: 10.1038/nature14104

  • News and Views "Catalysis: Gold unleashes the power of three" by Christopher M. B. K. Kourra & Nicolai Cramer in Nature.
  • Highlighted "Oxidative Addition to Gold(I): A New Avenue in Homogeneous Catalysis with Au" by J. Henrique Teles in Angew. Chem. Int. Ed.

4. Chiral Supramolecular Magnesium(II) Binaphtholate Catalysts for the Enantioselective Direct Mannich-Type Reaction and Hetero-Diels–Alder Reaction
Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kenji Yamashita, Kazuaki Ishihara
Asian J. Org. Chem. 2013, 2, 952-956.

  • Special Issue: 40 Years of the Mukaiyama Aldol Reaction, 1973–2013

3. Chiral Magnesium(II) Binaphtholates as Cooperative Brønsted/Lewis Acid–Base Catalysts for the Highly Enantioselective Addition of Phosphorus Nucleophiles to α,β-Unsaturated Esters and Ketones
Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara
Angew. Chem. Int. Ed.. 2013, 52, 4549-4553.

2. Magnesium(II)-Binaphtholate as a Practical Chiral Catalyst for the Enantioselective Direct Mannich-Type Reaction with Malonates
Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara
Org. Lett. 2010, 12, 3502-3505.

1. Chiral Lithium(I) Binaphtholate Salts for the Enantioselective Direct Mannich Type Reaction with a Change of Syn/Anti and Absolute Stereochemistry
Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara
J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 56-57.

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan