Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


▼【名古屋大学大学院工学研究科石原研究室博士研究員公募】

[募集人員]:博士研究員1名。
[所属]:化学・生物工学専攻 触媒合成学研究グループ(教授 石原一彰)。
[専門分野]:有機合成化学、理論計算化学。
[応募資格]:1)博士の学位を有する方、着任までに取得見込み可。2)新しい機能触媒の創製を指向して研
究できる方、3)最先端機能分子・材料合成技術ユニット(https://www.facebook.com/syntec.unit/)の運営に協力できる方。
[着任時期、任期]:できる限り早い時期。任期1年(再任あり)。
[選考方法]:書類審査(必要に応じ面接審査)。
[提出書類]:履歴書(写真貼付)、研究概要、業績リスト、主要論文3編のpdf、推薦者2名の氏名と連絡先。
[応募締切]:平成28年9月30日(金)(適任者が見つかり次第終了)。
[書類送付先/問合先]:石原一彰宛(ishihara@cc.nagoya-u.ac.jp)にE-mail添付で送付のこと。

[公募詳細]:http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20160519_engg_1.pdf

平成28年度 最先端国際研究ユニット 石原一彰教授&上垣外正己教授&横島聡准教授 特別インタビュー(NU Research)が掲載されました

▼IGER セミナー 2016.5.23 (Mon) 13:00-14:30 @The Venture Hall, 3F, VBL

Development of Enantioselective Catalysis through Chemoinformatics

 

Professor Scott E. Denmark

Department of Chemistry
University of Illinois at Urbana-Champaign
Urbana, IL 61801, USA

 


【日本化学会 第96春季年会 (2016)学生講演賞(CSJ Student Presentation Award 2016) 】林裕樹君、小倉義浩君、ダブル受賞おめでとうございます。 http://www.csj.jp/nenkai/96haru/data/vol69-06_award.pdf

3H2-10
Chiral Hypoiodite-Catalyzed Enantioselective Oxidative Cyclization and Mechanistic Study (Grad. Sch. Eng., Nagoya Univ.; CREST, JST) ○HAYASHI, Hiroki; SUZUKI, Daisuke; UYANIK, Muhammet; ISHIHARA, Kazuaki
4H1-17
Tandem Isomerization/Enantioselective Cycloaddition Reaction of 3-Butynoyl-1H-pyrazole Promoted by Chiral π-Cu(II) Catalysts (Grad. Sch. Eng., Nagoya Univ.) ○OGURA, Yoshihiro; HORI, Masahiro; ISHIHARA, Kazuaki

▼最先端機能分子・材料合成技術ユニット(平成28年度 最先端国際研究ユニット課題 採択

M&M SYNTECH Unit (Cutting-Edge Synthetic Technology Unit for Functional Molecules and Materials)

メンバー
◎石原 一彰 (工学研究科 教授)
 上垣外 正己 (工学研究科 教授)
 横島 聡 (創薬科学研究科 准教授)
 YOU Shuli (中国上海有機化学研究所 教授)

http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/ru/menu_b/post-15.html

研究概要〉科学技術革新の鍵は新分子・新材料の発見にあると言っても過言ではありません。本研究ユニットの目的は、本学内に最先端機能分子・材料合成技術の世界拠点を築き、そこから産み出される新物質・新材料ライブラリーを、産学が連携して革新的な新薬、機能有機材料、単分子・高分子ハイブリッド機能材料の探索・創製に繋げることです。言わば「分子レベルのモノづくり拠点」です。触媒・反応の石原とYOU、高分子合成の上垣外、全合成の横島がユニットを組んで、シナジー効果を発揮していきます。

[Inside Back Cover] Chem. Commun., 2016, 52, 6197-6197.

New Book

[From Biosynthesis to Total Synthesis: Strategies and Tactics for Natural Products]
Alexandros L. Zografos
584 pages, Wiley, April 2016, ISBN: 978-1-118-75173-2
Chapter 9: Higher Terpenes and Steroids, pp. 296–330
Kazuaki Ishihara
http://as.wiley.com/WileyCDA/WileyTitle/productCd-1118751736,subjectCd-LS30.html

Congratulations! Mr. Yanzhao Wang completed the Nagoya University "Campus Asia Program" at the Professor Ishihara Laboratory from 24/9/2015 to 23/4/2016 at Nagoya University. He went back to Professor Wanbin Zhang Laboratory at Shanghai Jiao Tong University.

▼IGER セミナー 2016.4.21 (Thurs) 16:30-18:00

2015 Asian Core Program Lectureship Award on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia

Exploration of Versatile Geminal Bis(silane) Chemistry

 

■Lecture Room 133, 3F, Eng. Build. 1

Prof. Zhenlei Song(宋振雷)

West China School of Pharmacy, Sichuan University
Chengdu, Sichuan, P. R. China 610041, China

 


2016年度メンバー

Synfactsに論文がハイライトされた

 55(12), 4021–4025

Lithium(I)-Catalyzed Enantioselective Cyanosilylation of Ketones

Synfacts 2016, 12(4), 0395.

Synfacts Contributors: Mark Lautens and Kosuke Yamamoto

https://www.thieme-connect.com/products/ejournals/abstract/10.1055/s-0035-1561821

対象論文

Enantioselective Cyanosilylation of Ketones with Lithium(I) Dicyanotrimethylsilicate(IV) Catalyzed by a Chiral Lithium(I) Phosphoryl Phenoxide
Hatano, H.; Yamakawa, K.; Kawai, T.; Horibe, T.; K. Ishihara
Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55(12), 4021–4025.  DOI: 10.1002/anie.201601600

ミニ同窓会@京都(2016年3月26日)

修了式

 博士(工学)授与:小倉義浩、林裕樹

 修士(工学)授与:阪本竜浩、西岡浩平、水野麻依、水野将宏、吉田有梨花

 学士(工学)授与:岩田寛和、大村修平、川上太郎、多畑勇志、辻泰隆、中嶋史雄、服部悠平

▼水野麻依(M2)が日本化学会東海支部長賞を受賞(2016年3月25日)

 辻泰隆(B4)が日本化学会東海支部長賞及び優秀賞を受賞(2016年3月25日)

【名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム(IGER) 平成27年度修了生】

当研究室からは小倉義浩と林裕樹の2名が修了します。おめでとうございます。

http://iger.bio.nagoya-u.ac.jp/iger_complete_j.php?id=%E5%B9

【名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム(IGER) 平成26年度修了生】

当研究室からは笹倉新葉、澤村泰弘、鈴木大介の3名が修了しています。
http://iger.bio.nagoya-u.ac.jp/iger_complete_j.php?id=%E5%B9%B3%E6%88%9026%E5%B9%B4%E5%BA%A6

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学大学院工学研究科

化学・生物工学専攻
バイオマテリアル講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan