Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


▼【名古屋大学大学院工学研究科石原研究室博士研究員公募】

[募集人員]:博士研究員1名。
[所属]:化学・生物工学専攻 触媒合成学研究グループ(教授 石原一彰)。
[専門分野]:有機合成化学、理論計算化学。
[応募資格]:1)博士の学位を有する方、着任までに取得見込み可。2)新しい機能触媒の創製を指向して研
究できる方、3)最先端機能分子・材料合成技術ユニット(https://www.facebook.com/syntec.unit/)の運営に協力できる方。
[着任時期、任期]:できる限り早い時期。任期1年(再任あり)。
[選考方法]:書類審査(必要に応じ面接審査)。
[提出書類]:履歴書(写真貼付)、研究概要、業績リスト、主要論文3編のpdf、推薦者2名の氏名と連絡先。
[応募締切]:平成28年9月30日(金)(適任者が見つかり次第終了)。
[書類送付先/問合先]:石原一彰宛(ishihara@cc.nagoya-u.ac.jp)にE-mail添付で送付のこと。

[公募詳細]:http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20160519_engg_1.pdf

留学情報

Lu Yanhui (D2) at Stoltz research group in Caltech

留学情報

Tatsuya Mutsuga (D3) at Aggarwal research group in University of Bristol

論文発表

Regioselective 1,4- and 1,6-Conjugate Additions of Grignard Reagent-Derived Organozinc(II)ates to Polyconjugated Esters
Manabu Hatano, Mai Mizuno, and Kazuaki Ishihara*
Org. Lett. 2016, 18(18), 4462-4465.

Publication Date (Web): September 7, 2016 (Letter)
DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01774

Regioselective synthetic methods were developed for 1,4- and 1,6-conjugate additions of Grignard reagent-derived organozinc(II)ates to malonate-derived polyconjugated esters. By taking advantage of the tight ion-pair control of organozinc(II)ates, it was possible to switch between 1,4- and 1,6-conjugate additions by introducing a terminal ethoxy moiety in the conjugation.

Yuta Goto (D3) has joined Professor Paul J. Chirik's group at Princeton University, USA for three months.

【グリーン合成&触媒の匠工房(石原研究室)】@テクノ・フェア名大2016

寄稿記事

「民間団体等の研究助成金の意義」
石原一彰、山田科学振興財団 財団ニュース(平成28年度第1号(通巻 第76号), p. 12)
http://www.yamadazaidan.jp/pdf/news_76.pdf

寄稿論文

【特集】ケミカルバイオロジーの新展開

「キラルビナフチルジスルホン酸(BINSA)を用いる精密分子触媒設計」

波多野学, 石原一彰, 化学工業 2016, 67(9), 660–667.

http://www.kako-sha.co.jp/newvol.htm#kagaku

アミノ酸をはじめとする天然物や医薬品の多くは光学活性体で,両鏡像体間で生理活性は大きく異なる.従って,有機合成で自由自在に目的の光学活性化合物を得るためには,触媒的不斉合成法の更なる発展が必要である.なかでも,両鏡像体が安価に入手容易な (R)-または(S)-1,1’-ビナフチル-2,2’-ジオール(BINOL)から誘導されるC2対称なキラルビナフチル化合物は,金属イオンに対するキラル配位子やキラル有機分子触媒として優れた機能を発揮し,多くの不斉触媒反応で用いられている1).本稿では,筆者らが取り組んできたキラルビナフチルジスルホン酸(BINSA)を鍵とするキラル酸・塩基複合触媒2,3)による反応開発について紹介する.

論文紹介が有合協誌に掲載(その2)

「新しい合成(有機合成化学協会誌 2016, 74(8), 840)」のコーナーで紹介されました。

論文紹介が有合協誌に掲載(その1)

「新しい合成(有機合成化学協会誌 2016, 74(8), 837)」のコーナーで紹介されました

Book

Asymmetric Dearomatization Reactions

Chapter 6. Asymmetric Oxidative Dearomatization Reaction
Muhammet Uyanik and Kazuaki Ishihara, pp. 129-151
In "Asymmetric Dearomatization Reactions" edited by Shu-Li You
[ISBN: 978-3-527-33851-1], 424 pages, Wiley-VCH, August 2016.
http://www.wiley.com/WileyCDA/WileyTitle/productCd-3527338519.html

川上太郎(M1)が優秀ポスター賞受賞

第51回有機反応若手の会(2016年7月19日(火)〜 7月21日(木))@諏訪湖ホテル
◯川上太郎、波多野学、石原一彰
「キラルC1対称ビナフチル-2,2’-ビス(リン酸エステル)触媒を用いるα-ケチミノエステルとフランのエナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts反応」
http://www.u-gakugei.ac.jp/~wakate51/index.html

新聞報道

カネカ(株)との共同研究に関する記事が、化学工業日報(2016年7月13日(水)9面)に掲載されました。
見出し「カネカ 結晶次亜ソー用開拓に力」

平成28年度 最先端国際研究ユニット 石原一彰教授&上垣外正己教授&横島聡准教授 特別インタビュー(NU Research)が掲載されました

▼IGER セミナー 2016.5.23 (Mon) 13:00-14:30 @The Venture Hall, 3F, VBL

Development of Enantioselective Catalysis through Chemoinformatics

 

Professor Scott E. Denmark

Department of Chemistry
University of Illinois at Urbana-Champaign
Urbana, IL 61801, USA

 


【日本化学会 第96春季年会 (2016)学生講演賞(CSJ Student Presentation Award 2016) 】林裕樹君、小倉義浩君、ダブル受賞おめでとうございます。 http://www.csj.jp/nenkai/96haru/data/vol69-06_award.pdf

3H2-10
Chiral Hypoiodite-Catalyzed Enantioselective Oxidative Cyclization and Mechanistic Study (Grad. Sch. Eng., Nagoya Univ.; CREST, JST) ○HAYASHI, Hiroki; SUZUKI, Daisuke; UYANIK, Muhammet; ISHIHARA, Kazuaki
4H1-17
Tandem Isomerization/Enantioselective Cycloaddition Reaction of 3-Butynoyl-1H-pyrazole Promoted by Chiral π-Cu(II) Catalysts (Grad. Sch. Eng., Nagoya Univ.) ○OGURA, Yoshihiro; HORI, Masahiro; ISHIHARA, Kazuaki

▼最先端機能分子・材料合成技術ユニット(平成28年度 最先端国際研究ユニット課題 採択

M&M SYNTECH Unit (Cutting-Edge Synthetic Technology Unit for Functional Molecules and Materials)

メンバー
◎石原 一彰 (工学研究科 教授)
 上垣外 正己 (工学研究科 教授)
 横島 聡 (創薬科学研究科 准教授)
 YOU Shuli (中国上海有機化学研究所 教授)

http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/ru/menu_b/post-15.html

研究概要〉科学技術革新の鍵は新分子・新材料の発見にあると言っても過言ではありません。本研究ユニットの目的は、本学内に最先端機能分子・材料合成技術の世界拠点を築き、そこから産み出される新物質・新材料ライブラリーを、産学が連携して革新的な新薬、機能有機材料、単分子・高分子ハイブリッド機能材料の探索・創製に繋げることです。言わば「分子レベルのモノづくり拠点」です。触媒・反応の石原とYOU、高分子合成の上垣外、全合成の横島がユニットを組んで、シナジー効果を発揮していきます。

[Inside Back Cover] Chem. Commun., 2016, 52, 6197-6197.

New Book

[From Biosynthesis to Total Synthesis: Strategies and Tactics for Natural Products]
Alexandros L. Zografos
584 pages, Wiley, April 2016, ISBN: 978-1-118-75173-2
Chapter 9: Higher Terpenes and Steroids, pp. 296–330
Kazuaki Ishihara
http://as.wiley.com/WileyCDA/WileyTitle/productCd-1118751736,subjectCd-LS30.html

Congratulations! Mr. Yanzhao Wang completed the Nagoya University "Campus Asia Program" at the Professor Ishihara Laboratory from 24/9/2015 to 23/4/2016 at Nagoya University. He went back to Professor Wanbin Zhang Laboratory at Shanghai Jiao Tong University.

This is currently βsite .

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学大学院工学研究科

化学・生物工学専攻
バイオマテリアル講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan