Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


記者発表(2016年2月5日(金)14 時〜@名古屋大学広報プラザ2階)

「ケトン由来の光学活性α-シアノヒドリンの触媒的不斉合成法を開発 〜 構造多様性四置換不斉炭素の構築とキラル合成素子ライブラリーの拡充 〜」
出席者:石原一彰教授、波多野学准教授、山川勝也(D1)
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20160208_engg.pdf

論文発表

Enantioselective Diels–Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts Based on CN···B and PO···B Coordination Bonds

Manabu Hatano, Kazushi Hayashi, Tatsuhiro Sakamoto, Yuma Makino, Kazuaki Ishihara*

Synlett, Web Publication Date: 05 February 2016

DOI: 10.1055/s-0035-1561362

論文発表

Enantioselective Cyanosilylation of Ketones with Lithium(I) Dicyanotrimethylsilicate(IV) Catalyzed by a Chiral Lithium(I) Phosphoryl Phenoxide
Manabu Hatano, Katsuya Yamakawa, Tomoaki Kawai, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara*
Angew. Chem. Int. Ed. Article first published online: 2 FEB 2016.

DOI: 10.1002/anie.201510682

Synfactsに論文がハイライトされた

Hypervalent Iodine Catalyzed Asymmetric Vicinal Dioxygenation of Alkenes

Synfacts 2016, 12(2), 0199.

Synfacts Contributors: Benjamin List, Nobuya Tsuji

https://www.thieme-connect.com/products/ejournals/abstract/10.1055/s-0035-1561124

対象論文

S. Haubenreisser, T. H. Wöste, C. Martínez, K. Ishihara, K. Muñiz*
Structurally Defined Molecular Hypervalent Iodine Catalysts for Intermolecular Enantioselective Reactions
Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 413–417.

▼Muhammet Uyanik助教がThieme Chemistry Journals Award 2016を受賞

■受賞名 Thieme Chemistry Journals Award 2016
■受賞日 2016年1月22日
■受賞者 Muhammet Uyanik
The editorial boards of Synlett, Synthesis, and Synfacts have chosen him as one of the Thieme Chemistry Journal Awardees in 2016.

論文発表

Chiral Ammonium Hypoiodite Salt-Catalyzed Enantioselective Oxidative Cycloetherification to 2-Acyl Tetrahydrofurans
Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Hirokazu Iwata, and Kazuaki Ishihara
Chem. Lett. 2016, in press.

DOI: 10.1246/cl.160004
http://www.journal.csj.jp/cl-article/cl-ap-160004

▼IGER セミナー 2016.1.7 (Thurs) 16:30-18:00

Cluster Catalysts of Zinc, Cobalt and Manganese for Transesterification and Amide Alcoholysis

■会場:名古屋大学 VBL3 階 VBL ホール

■プレゼンター:教授 真島和志 先生

大阪大学 基礎工学研究科


玉置(水野)智一博士(石原研卒)の論文がJ. Am. Chem. Soc.に掲載

玉置(水野)智一博士(石原研卒)の論文がJ. Am. Chem. Soc.に掲載されました。この研究成果は玉置博士がD2のときに3ヶ月間Christina White研で研究したのときのものです。
Aerobic Linear Allylic C−H Amination: Overcoming Benzoquinone Inhibition
Christopher C. Pattillo, Iulia I Strambeanu, Pilar Calleja, Nicolaas A. Vermeulen, Tomokazu Mizuno, and M. Christina White
J. Am. Chem. Soc. Just accepted. Publication Date (Web): January 5, 2016 (Article)
DOI: 10.1021/jacs.5b11294
http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/jacs.5b11294

【2015年度全合成レポート総合成績優秀者】

小倉義浩(D3)、林裕樹(D3)、後藤優太(D2)、山川勝也(D1)、水野麻依(M2)

忘年会

Book

“19.1.5 有機アルミニウム化合物”
石原一彰
有機合成実験法ハンドブック 第2版(中井武編集代表)、丸善出版、ISBN 978-4-621-08948-4 (2015年11月30日発刊)
http://f.crmf.jp/ntsbookco/cc.php?m=1awz0z390z40a5

Book

Chapter 2. Alkali metal (Li, Na, K)-based Catalysts

Manabu Hatano and Kazuaki Ishihara                                       
pp. 15–48, RSC Green Chemistry No. 38, Sustainable Catalysis:  With Non-endangered Metals, Part 1 Edited by Michael North
The Royal Society of Chemistry 2016
http://pubs.rsc.org/en/content/ebook/978-1-78262-056-3#!divbookcontent

総合講演会(有機合成化学協会東海支部主催)

日時:2 0 1 5 年1 2 月1 2 日(土)1 3 : 2 0-1 7 : 3 0
会場:名古屋大学ベンチャービジネスラボラトリー VBL ホール(3F)
主催:有機合成化学協会東海支部
13:30 森山 克彦 先生(千葉大学大学院理学研究科・助教)
「ハロゲン化合物を利用した酸化的二重官能基化反応の開発」

14:15 濱島 義隆 先生(静岡県立大学薬学部・教授)
「選択的ヘテロ官能基化:触媒設計と応用」

15:20 田中 健 先生(東京工業大学大学院理工学研究科・教授)
「芳香環構築による高歪み芳香族化合物の合成」

16:25 難波 康祐 先生(徳島大学大学院医歯薬学研究部・教授)
「Palau’amine の全合成」

石原一彰教授が2015有機合成化学協会賞(学術的なもの)を受賞

業績「酸塩基複合化学に立脚する高機能触媒の創製」
http://www.ssocj.jp/award/2015/Kazuaki_Ishihara.pdf

論文発表

Enantioselective Cyano-Alkoxycarbonylation of α-Oxoesters Promoted by Brønsted Acid–Lewis Base Cooperative Catalysts
Kazuaki Ishihara* and Yoshihiro Ogura
Org. Lett., Article ASAP
DOI: 10.1021/acs.orglett.5b03093
Publication Date (Web): December 4, 2015
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.orglett.5b03093

▼新聞掲載

日刊工業新聞25面 2015年12月2日(水)
見出し「効率的にアミド生成ー名大が触媒組み合わせ」
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00366543

 

中日新聞3面 2015年11月25日(水)
見出し「名大教授ら成功 アミド合成効率アップ 薬や繊維 コスト減期待」
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20151125142727086

 

化学工業日報6面 2015年11月18日(水)
見出し「名大 2種類の触媒用い段階的に反応 アミド結合を効率合成 短時間で大幅に収率向上」

 

該当論文 "Boronic Acid–DMAPO Cooperative Catalysis for Dehydrative Condensation between Carboxylic Acids and Amines"
Kazuaki Ishihara and Yanhui Lu
Chem. Sci., 2015, Accepted Manuscript
DOI: 10.1039/C5SC03761A

▼第46回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(津)でVIP賞、優秀賞をダブル受賞

第46回中部化学関係学協会支部連合秋季大会・特別討論会(21世紀を拓く有機化学)・VIP賞

受賞者・山川勝也 (D1)

1A05    高活性シリカートを鍵とするキラルリチウム(I)ホスホリルフェノキシド触媒を用いるケトンの不斉シアノシリル化反応
◯山川勝也、波多野学、石原一彰


第46回中部化学関係学協会支部連合秋季大会・優秀賞

受賞者・岡本遼 (D2)

2P02 キラルビス(リン酸モノエステル)触媒を用いるイミノエステルへの高エナンチオ選択アザ-Friedel-Crafts反応
◯岡本遼、波多野学、石原一彰

【石原研合宿2015 (Ishihara Lab. Training Camp 2015)】2015年11月27-28日

2. 豊川稲荷

3. 竹の和(ちくわ作り体験)

4. ランチ(竹の和)

5. エアーパーク

6. Seminar 1. Yanhui Yu (D1): The 5th Junior International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia (Junior ICCEOCA-5)

7. Seminar 2. Kenji Yamashita (D2): Iron-catalyzed remote C-H oxyfunctionalization of aliphatic amies (Prof. Melanie S. Sanford, The University of Michigan, USA)

8. Seminar 3: Yoshihiro Ogura (D3): 野依フォーラム若手育成塾

9. World Cafe: セミナーで質疑に積極的に参加するにはどうしたらいいか?

論文発表

Structurally Defined Molecular Hypervalent Iodine Catalysts for Intermolecular Enantioselective Reactions
S. Haubenreisser, T. H. Wöste, C. Martínez, K. Ishihara, K. Muñiz
Angew. Chem. Int. Ed. early view. First published: 24 November 2015.

DOI: 10.1002/anie.201507180
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201507180/full

[Cover Picture] Structurally Defined Molecular Hypervalent Iodine Catalysts for Intermolecular Enantioselective Reactions
S. Haubenreisser, T. H. Wöste, C. Martínez, K. Ishihara, K. Muñiz Angew. Chem. Int. Ed. early view.

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201510990/full

▼名古屋大学L大学院・国際教育企画・分子科学研究所リトリート研修で岡本遼(D2)が優秀ポスター賞を受賞

P11 ◯岡本遼、波多野学、石原一彰
キラルビナフチル-2,2’-ビス(リン酸エステル)触媒を用いるイミノエステルへの高エナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts反応

http://iger.bio.nagoya-u.ac.jp/iger_news_k_j.php?news_id=503

https://www.ims.ac.jp/research/seminar/2015/10/16_3291.html

名古屋大学L大学院・グリーン自然科学国際教育研究プログラム・「分子科学研究所リトリート研修」

研修題目:『分子研・知られざる有機合成の世界』
開催時期:2015年11月17日(火)  9:50~21:10
開催場所:分子科学研究所 山手地区(https://www.ims.ac.jp/about/campus/access.html)
企画担当:名古屋大学工学研究科化学・生物工学専攻 大学院生 [岡本遼(D2), 後藤優太(D2,リーダー),山下賢二(D2),山川勝也(D1),魯彦会(D1),阪本竜浩(M2),西岡浩平(M2),石原一彰・波多野学(オブザーバー)
http://iger.bio.nagoya-u.ac.jp/iger_news_k_j.php?news_id=503

第41回 IGERグリーン自然科学レクチャー

講演者:藤田 誠 教授
所 属:東京大学大学院工学系研究科
演 題:化学と幾何学 ー多面体の定理を活用したものづくりー
    Mathematical control of a structure of matter on the nano-scale
日 時:11月13日 (金)16時00分~17時30分
場 所:ES総合館ESホール
プラットホーム:ナノ・エネルギー、グリーン物質変換

http://iger.bio.nagoya-u.ac.jp/iger_news_k_j.php?news_id=510

論文発表

Remote Tris(pentafluorophenyl)borane-Assisted Chiral Phosphoric Acid Catalysts for the Enantioselective Diels–Alder Reaction

Manabu Hatano, Hideyuki Ishihara, Yuta Goto, Kazuaki Ishihara*

Synlett 2015, published on the web.
DOI: 10.1055/s-0035-1560369

https://www.thieme-connect.de/products/ejournals/abstract/10.1055/s-0035-1560369

第5回化学CSJ化学フェスタ2015で後藤優太(D2)及び魯彦会(D1)が「優秀ポスター発表賞」をダブル受賞

P3-030 ◯後藤 優太、波多野学、石原一彰
1,2-ジヒドロピリジンの高エナンチオ選択的 Diels– Alder 反応に有効な三臭化ホウ素で活性化されたキ ラルリン酸触媒の開発
P3-034 ◯魯 彦会、石原一彰
ボロン酸­求核塩基協奏型触媒を用いるカルボン酸 とアミンの脱水縮合反応
http://www.csj.jp/festa/2015/document/poster_award.pdf

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学大学院工学研究科

化学・生物工学専攻
バイオマテリアル講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan