Ishihara World: Rational Design of High-Performance Catalysts

Based on Acid–Base Combination Chemistry

Top News


石原研の研究室紹介ビデオが公開

【石原研の研究室紹介ビデオ】リクルートの「受験サプリ」ー>「大学・入試情報」ー>「学問研究ツアー」にあります。
大学受験生向けですが、大学生や大学院生でも見応えがある内容になっています。
石原教授のセミナーと実験室紹介のという構成になっています。
ご覧頂くにはID登録が必要ですが無料です。
この受験サプリはかなり充実したサイトで非常に工夫されています。
是非ご覧ください。
https://jyukensapuri.jp/gakumon/

▼IGER セミナー 2014.11.28 (Fri) 15:00-13:30

The Development of Novel Chiral Catalysts and Their Application

 

■会場:名古屋大学 工学部1号館143講義室

■プレゼンター:Prof. Dr. Wanbin Zhang

School of Chemistry and Chemical Engineering,
Shanghai Jiao Tong University (上海交通大学), China


本講演会は、大井貴史先生がホストのProf. Tomislav Rovis 先生 「From Conventional Ligands to Engineered Enzymes: Rh(III) Catalysis for C-H Activation」(Department of Chemistry, Colorado State University)と併せて、ミニシンポジウムとして行われました。



▼IGER セミナー 2014.11.25 (Tue) 16:30-18:00

Asymmetric Metal Catalyzed C(sp3)-H Bond Functionalization

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. E. Peter Kündig

Department of Organic Chemistry

University of Geneva, Switzerland



▼Synfactsに論文がハイライトされた

Synthesis of Chiral Pyrazolines via Chiral pi-Cation Catalysis

Synfacts 2014, 10(12), 1288.

Synfacts Contributors: Mark Lautens, Christine M. Le

DOI: 10.1055/s-0034-1379534

該当論文
Masahiro Hori, Akira Sakakura*, Kazuaki Ishihara*
J. Am. Chem. Soc. 2014, 136(38), 13198–13201.  Published online 8 Sep 2014.

DOI: 10.1021/ja508441t

▼IGER セミナー 2014.11.19 (Wed) 15:00-18:00

Electrophilicity and nucleophilicity scales in a rational approach towards SN1-type stereoselective organocatalytic reactions


■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. Pier Giorgio Cozzi

Università di Bologna

 

本講演会は、大井貴史先生がホストのProf. Jan-E. Bäckvall 先生 「Biomimetic catalysis in green organic transformations」(Stockholm University)と併せて、ミニシンポジウムとして行われました。


▼山下賢二(D1)が第106回有機合成シンポジウム優秀ポスター賞を受賞

■受賞名 第106回有機合成シンポジウム優秀ポスター賞
■受賞日 2014年11月7日
■受賞者 山下賢二
■受賞題目 Grignard反応剤由来の高活性亜鉛アート錯体を用いるα-イミノエステルへの位置及び立体選択的アルキル付加反応 (O-14)

[Highlight (Angew. Chem.)] Uyanik, M.; Hayashi, H.; Ishihara, K. Science 2014, 345, 291-294がHighlightとして取り上げられました

"Building Up Quarternary Stereocenters of Chromans by Asymmetric Redox Organocatalysis: A New Entry to Vitamin E" Dr. T. Netscher
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201409826/abstract

▼第4回化学CSJフェスタ2014でダブル受賞!

小倉義浩(D2)が「最優秀ポスター発表賞」受賞
P1-041 オキシアニオンホール触媒を用いるイサチン類及びα-ケトエステル類の不⻫シアノエトキシカルボニル化反応

山下賢二(D1)が「優秀ポスター発表賞」受賞
P5-032 Grignard反応剤由来の亜鉛アート錯体を用いる光学活性α-アルキル置換-α-アミノ酸誘導体の効率的合成

http://www.csj.jp/festa/2014/document/poster_award.pdf

▼IGER セミナー 2014.11.10 (Mon) 16:30-18:00

Atroposelective Organocatalysis, Direct N-H Aziridination of Olefins and Transition-Metal-Free C-, N- and O-Arylation Reactions: Synthesis of Functionalized Biaryls and Heterocycles

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. László Kürti

UT Southwestern Medical Center Dallas, Texas, USA


▼3研究室対抗ソフトボール大会[名大石原研(2チーム)× 名大西山研(1チーム)× 豊橋技科大岩佐・柴富研(1チーム)]

11月8日、名大 山の上グランド、4チーム総当たり戦

▼IGER セミナー 2014.11.5 (Wed) 16:30-18:00

Thoughts about a Hackneyed Topic: Electrophilic Catalysis

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. Léon Ghosez

Emeritus Professor UCL (Universite Catholique de Louvain, Belgium), Visiting scientist IECB (Institut Eurpeen de Chimie et Biologie, France)


▼Synfactsに論文がハイライトされた

Enantioselective Synthesis of Tocopherols Through Oxidative Cyclization

Synfacts 2014, 10(10), 1093.

Synfacts Contributors: Benjamin List, Grigory A. Shevchenko

DOI: 10.1055/s-0034-1379094

該当論文:

High-turnover hypoiodite catalysis for asymmetric synthesis of tocopherols
Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Kazuaki Ishihara
Science 2014, 345(6194), 291–294.
DOI: 10.1126/science.1254976
http://www.sciencemag.org/content/345/6194/291.abstract

Perspective
Creating antioxidants by oxidation catalysis
Boris J. Nachtsheim
Science 2014, 345(6194), 270-271
DOI: 10.1126/science.1257347                        
http://www.sciencemag.org/content/345/6194/270.summary

▼留学情報

Mr. Hiroki Hayashi (22 Sep. ~ 20 Dec., 2014)
Professor John F. Hartwig, University of California, USA
The Hartwig Group
http://www.cchem.berkeley.edu/jfhgrp/index.html

▼総説発表

超分子材料の設計と応用展開(監修:原田 明、シーエムシー出版)」
第2章 薬品関係 「3 テーラーメード型超分子触媒(pp. 162-175, 執筆:波多野学、石原一彰)」
http://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4754

▼Professor Kazuaki Ishihara received the 2014 AbbVie Lectureship

Professor Kazuaki Ishihara received the 2014 AbbVie Lectureship from the University of Illinois at Urbana-Champaign (USA) on September 25, 2014.
AbbVie Lecture "The development of Catalytic Enantioselective Cyclizations Based on Iodine Chemistry" (hosted by Professor Scott E. Denmark)
http://illinois.edu/calendar/detail/1381?eventId=30461156&calMin=201409&cal=20140924&skinId=737

Previous Abbott* Lecturers: 2007 Prof. David B. Collum (Cornell University), 2009 Prof. Antonio Echavarren (Universidad Autónoma de Madrid), 2010 Prof. Ian Paterson (University of Cambridge), 2012 Prof. Makoto Fujita (University of Tokyo)

*The sposor has been changed from Abbott Laboratories to AbbVie Laboratories since 2013.

Picture: Prof. Scott E. Denmark, Prof. Kazuaki Ishihara, Prof. M. Chrisitina White, Prof. Jefferson Chan, Prof. Martin D. Burke, Dr. Michael R. Schrimpf (AbbVie Laboratories), and Prof. Kami Hull

▼仲辻秀文博士が平成26年度有機合成化学協会東海支部奨励賞を受賞

■受賞名 第17回ヨウ素学会シンポジウムポスター賞

■受賞日 2014年9月19日

■受賞者 仲辻秀文

■受賞題目 ハロゲン結合相互作用を利用した触媒的エナンチオ選択的ヨードラクトン化反応 (No. S01)

▼林裕樹(D2)が第31回有機合成化学セミナーでポスター賞を受賞

■受賞名 第31回有機合成化学セミナーポスター賞

■受賞日 2014年9月18日

■受賞者 林裕樹

■受賞題目 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるトコフェロールの不斉合成

▼論文発表

Enantioselective 1,3-Dipolar Cycloaddition of Azomethine Imines with Propioloylpyrazoles Induced by Chiral π–Cation Catalysts
Masahiro Hori, Akira Sakakura*, Kazuaki Ishihara*
J. Am. Chem. Soc. 2014, 136(38), 13198–13201.  Published online 8 Sep 2014.

DOI: 10.1021/ja508441t

▼IGER セミナー 2014.9.1(Mon) 16:30-18:00

Asymmetric Hydroxylative Phenol Dearomatization Reactions Using Chiral Iodanes

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. Stéphane Quideau

Department of Chemistry,
University of Bordeaux, France


▼Synfactsに論文がハイライトされた

Enantioselective Iodolactonization by Cooperative Activation

Synfacts 2014, 10(8), 874.

Synfacts Contributors: Benjamin List, Grigory A. Shevcheonko

DOI: 10.1055/s-0034-1378508

該当論文:

Hidefumi Nakatsuji, Yasuhiro Sawamura, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara*
Angew. Chem., Int. Ed. 2014, 53(27), 6974–6977.

DOI: 10.1002/anie.201400946

▼仲辻秀文博士が平成26年度有機合成化学協会東海支部奨励賞を受賞

■受賞名 平成26年度有機合成化学協会東海支部奨励賞受賞

■受賞日 2014年8月15日

■受賞者 仲辻秀文

■受賞題目 エナンチオ選択的ハロ環化反応に有効な求核性キラルリン求核触媒の開発

■参照ページ http://www.c-goudou.org/announce/an14ssocj04.html

▼第4回石原研究室同窓会を開催(2014.8.2、KKRホテル名古屋)

集合写真1(4.8M)
集合写真1.jpg
JPEG イメージ [4.8 MB]
ダウンロード
集合写真2(7.2M)
集合写真2.jpg
JPEG イメージ [7.2 MB]
ダウンロード
集合写真3(7.2M)
集合写真3.jpg
JPEG イメージ [7.2 MB]
ダウンロード

▼Chem-StationにScienceの研究紹介

Science誌に掲載された論文(Science 2014, 345, 291)について、Chem-Stationに取り上げて頂きました(2014年7月22日)。
http://www.chem-station.com/blog/2014/07/post-638.html

▼C&EN (Chemical & Engineering News)にScienceの研究紹介

C&EN (Chemical & Engineering News) 2014, 92(29), p. 8に、Science誌に掲載された論文(Science 2014, 345, 291)が紹介されました。
http://cen.acs.org/articles/92/i29/GreenRoute-Chromanols.html

 

▼Scienceに掲載された論文について各紙報道

名古屋大学・科学技術振興機構共同発表「次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる天然型ビタミンEの高効率不斉合成に成功 〜光学活性クロマン系医薬品の開発・製造への応用に期待〜 」
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140718/
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20140718_eng.pdf#search=%27%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%81%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E4%B8%80%E5%BD%B0%E3%80%81%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3E%27

中日新聞朝刊3面(2014年7月18日)「ヨウ素触媒でビタミンE 名大院グループ、不斉合成に成功」
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140718152605522

朝日新聞夕刊8面(2014年7月18日)「ビタミンE合成効率よく安全に 名古屋大学、触媒開発」
http://www.asahi.com/articles/ASG7H5FQTG7HOIPE026.html

化学工業日報7面(2014年7月18日)「ビタミンE誘導体 環境対応の合成法 名大ヨウ素触媒で収率99%」

日刊工業新聞23面(2014年7月18日)「名大、高活性のビタミンE成分を高純度で選択合成することに成功」
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720140718eaah.html

 

科学新聞4面(2014年8月1日)「次亜ヨウ素酸塩触媒を用いて天然型ビタミンEを高効率不斉合成 名古屋大グループ成功」

▼Science論文発表

High-turnover hypoiodite catalysis for asymmetric synthesis of tocopherols
Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Kazuaki Ishihara
Science 2014, 345(6194), 291–294.
DOI: 10.1126/science.1254976
http://www.sciencemag.org/content/345/6194/291.abstract

Perspective
Creating antioxidants by oxidation catalysis
Boris J. Nachtsheim
Science 2014, 345(6194), 270-271
DOI: 10.1126/science.1257347                        
http://www.sciencemag.org/content/345/6194/270.summary

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学大学院工学研究科

化学・生物工学専攻
バイオマテリアル講座

生体機能物質化学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Graduate School of Engineering, Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan