学会発表 2024年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2024年7月4, 5日, 名古屋大学

キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる酸化的脱芳香族化反応によるスピロイソキサゾリンの不斉合成

梁耀涵、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰

ポスター発表107

第57回天然物化学談話会

2024年7月4, 5日, 名古屋大学

キラル超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的ビアリールカップリング

○ 三鍋駿介、ウヤヌクムハメット、石原一彰

ポスター発表86

第57回天然物化学談話会

2024年7月4, 5日, 名古屋大学

Toward Green Synthesis of Peptide: 1,3,2-Dioxaborolan-4-one Catalyzed Dehydrative Condensation

○Qianchun HUANG, Shuhei OHMURA, Kazuaki ISHIHARA

ポスター発表53

第57回天然物化学談話会

2024年7月1~3日, 東京都八王子市下袖木 大学セミナーハウス

青色LED光照射下におけるBrønsted酸触媒を用いるアネトール類の(4+2)環化付加反応の開発と不斉反応への展開

○嶋崎翔太

ポスター発表PB3

第56回有機金属若手の会夏の学校

2024年7月1~3日, 東京都八王子市下袖木 大学セミナーハウス

青色LED光照射下における鉄触媒を用いるα,β-不飽和カルボニル化合物のオキシトリフルオロメチル化反応の開発

○竹内丈士

ポスター発表PB4

第56回有機金属若手の会夏の学校

2024年7月1~3日, 東京都八王子市下袖木 大学セミナーハウス

銅触媒によるortho-キノンメチドの選択的生成及び新規[4+2]環化付加反応

○森野高晴

ポスター発表PA4

第56回有機金属若手の会夏の学校

2024年7月1~3日, 東京都八王子市下袖木 大学セミナーハウス

不斉ラジカルカチオン(4+2)環化付加反応に有効なキラル鉄(III)光レドックス触媒の設計と天然物合成への応用

○赤尾颯斗

ポスター発表PA3

第56回有機金属若手の会夏の学校

2024年7月1~3日, 東京都八王子市下袖木 大学セミナーハウス

酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の開発

○石原一彰

招待講演PL-1

第56回有機金属若手の会夏の学校

2024年6月19~21日, 滋賀県大津市 琵琶湖畔アヤハレークサイドホテル

キラルヨウ素(Ⅲ)触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型フッ素化反応

塚本雅人

ポスター発表

第58回有機反応若手の会

2024年6月19~21日, 滋賀県大津市 琵琶湖畔アヤハレークサイドホテル

キラル次亜臭素酸塩触媒を用いる(ヘテロ)アレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応

 

赤川翔

ポスター発表

第58回有機反応若手の会

2024年6月19~21日, 滋賀県大津市 琵琶湖畔アヤハレークサイドホテル

第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるα,β-不飽和カルボニルのγ位選択的エーテル環化反応

浅田康太朗

ポスター発表

第58回有機反応若手の会

2024.6.13 (Thu), Webinar

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

Webinar on Recent Developments in Molecular Catalysis

CSIR-Central Salt & Marine Chemicals Research Institute, Bhavnagar in association with Indian JSPS Alumini Association

2024.4.12 (Fri), Department of Chemistry, University of Basel

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professors Cristof Sparr

2024.4.11 (Thu), Department of Chemistry, Biochemistry and Pharmaceutical Sciences, University of Bern

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professors Eva Hevia and Natalie Banerji

2024.4.10 (Wed), Department of Chemistry, EPFL (École Polytechnique Fédérale de Lausanne)

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professor Jérôme Waser

2024.4.9 (Tue), Department of Chemistry, University of Zürich     

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professor Ilija Coric

2024.4.8 (Mon), Department of Organic Chemistry, University of Geneva     

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professor Jérôme Lacour

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan