学会発表 2023年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2024.6.13 (Thu), Webinar

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

Webinar on Recent Developments in Molecular Catalysis

CSIR-Central Salt & Marine Chemicals Research Institute, Bhavnagar in association with Indian JSPS Alumini Association

2024.4.12 (Fri), Department of Chemistry, University of Basel

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professors Cristof Sparr

2024.4.11 (Thu), Department of Chemistry, Biochemistry and Pharmaceutical Sciences, University of Bern

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professors Eva Hevia and Natalie Banerji

2024.4.10 (Wed), Department of Chemistry, EPFL (École Polytechnique Fédérale de Lausanne)

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professor Jérôme Waser

2024.4.9 (Tue), Department of Chemistry, University of Zürich     

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professor Ilija Coric

2024.4.8 (Mon), Department of Organic Chemistry, University of Geneva     

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Invited

2024 SOS (Swiss Chemical Society) Lectureship

Host: Professor Jérôme Lacour

2024.3.21 (木), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

N-フルオロアミドのエナンチオ選択的分子内フッ素移動反応に有効なキラル鉄(Ⅱ)触媒の開発

○張 養浩、大村 修平、石原 一彰

A講演[E1143-4am-09]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.20 (水), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Electrooxidative Dearomatization of Phenols Catalyzed by Bromine Species (臭素種を触媒とするフェノール類の電気酸化的脱芳香族化反応)

○Kai Matsui, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

A講演[E1132-3pm-11]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.20 (水), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Chiral π–Cu(II) Complex-catalyzed Site-, Regio-, Chemo- and Enantioselective Dearomative [3+2] Cycloaddition of Isoquinolinium ylides with α,β-Enamides and α,β,γ,δ-Dienamides (キラルπ–銅(Ⅱ)錯体触媒によるイソキノリニウムイリドとα,β,γ,δ-ジエナミドの位置、配向、化学、エキソ及びエナンチオ選択的脱芳香族[3+2]環化付加反応)

○Weiwei Guo, Kazuaki Ishihara

B講演[E1142-3pm-02]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.20 (水), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

エナンチオ選択的ラジカルカチオン[4+2]環化付加反応に有効なキラル鉄(Ⅲ)光レドックス触媒の開発と天然物合成への応用

○赤尾 颯斗、大村 修平、石原 一彰

A講演[E1143-3am-14]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.20 (水), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Enantioselective Radical Cation [2+2] Cycloaddition by Chiral Iron(III) Photoredox Catalysis
(キラル鉄(Ⅲ)光レドックス触媒を用いるエナンチオ選択的ラジカルカチオン[2*2]環化付加反応)

○Kei Katagiri, Shuhei Ohmura, Sho Miyakawa,1 Jun-ya Hasegawa,1 Kazuaki
Ishihara (1. Hokkaido Univ.)

A講演[E1143-3am-13]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.20 (水), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Development of 1,3,2-Dioxaborolan-4-one Catalyst for Dehydrative Condensation toward Peptides Synthesis

○Qianchun HUANG, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara

A講演[E1142-3am-05]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Site-selective Transesterification of Methyl (Meth)acrylates Catalyzed by Sodium(I) or Magnesium(II) Aryloxides (メチル(メタ)アクリレートの位置選択的エステル交換反応に有効なマグネシウム(II)及びナトリウム(I)ビスフェノキシド触媒の開発)

○Chengyi Shan, Kazumasa Kon, Kazuaki Ishihara

A講演[E1143-1vn-07]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Enantioselective Carbonyl–Ene Cascade Cyclization Reaction Catalyzed by Boron Lewis Acid-assisted Chiral Brønsted Acid (ボロンLewis酸複合型キラルBronsted酸触媒を用いるエナンチオ選択的カスケードカルボニルーエン環化反応)

○Jianhao Huang, Kazuaki Ishihara

A講演[E1143-1vn-06]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

ラジカルカチオンの生成と制御:ラジカルカチオン中間体の単離と新規キラル鉄(Ⅲ)光レドックス触媒の開発

○大村 修平

若い世代の特別講演[B1326-1pm-04]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒によるα,β-不飽和カルボニル化合物のγ位選択的エーテル環化反応

○浅田 康太朗、松井 開、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

A講演[E1141-1pm-06]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Chiral Ammonium Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of α-(1-Hydroxynaphthalen-2-yl)ketoximes (キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒によるα-(1-ヒドロキシナフタレン-2-イル)ケトキシムのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

○Yaohan Liang, Takehiro Kato, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

A講演[E1141-1pm-04]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒による(ヘテロ)アレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応

○赤川 翔、月森 康夫、森野 高晴、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

A講演[E1141-1pm-03]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

o-キノンメチド中間体を経由する2-アルキル-1-ナフトールの化学、位置、配向およびエナンチオ選択的[4+2]環化付加反応

○森野 高晴、加藤 丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

A講演[E1141-1pm-02]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

キラルヨウ素(Ⅲ)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的分子間ビアリールカップリング反応

○三鍋 駿介、田中 啓貴、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

A講演[E1141-1pm-01]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

アルケンのエナンチオ選択的ブロモアジド化反応の開発に向けたキラルLewis塩基触媒の探索

○浦田 真由、永見 圭悟、大村 修平、石原 一彰

A講演[E1142-1am-09]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

Chiral Macrocyclic Catalysts for the Enantioselective Addition of Lithium Acetylides to Ketones (リチウムアセチリドのケトンへのエナンチオ選択的付加反応に有効なキラル大環状触媒)

○Kazuaki Ishihara,1 Kenji Yamashita,2 Yuji Tabada,1 Katsuya Yamakawa,1
Takuya Mochizuki,1 Kai Matsui,1 Manabu Hatano3

(1Nagoya Uni., 2
Univ. of Shizuoka, 3Kobe Pharmaceutical
Univ.)

A講演[E1142-1am-03]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

フェノール類とスチレン類のエナンチオ選択的酸化的[3+2]環化付加反応に有効なキラル鉄(Ⅲ)触媒の開発

○松田 春輝、野村 晃佑、松井 開、大村 修平、石原 一彰、石原 一彰

A講演[E1142-1am-02]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.18 (月), 日本大学理工学部船橋キャンパス      

銅/ヨウ素協奏触媒を用いるエナンチオ選択的酸素酸化的環化反応

○松山 俊輝、井原 颯紀、加藤 丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

A講演[E1142-1am-01]

日本化学会第104春季年会(2024)

 2024年3月18日(月)ー21日(木)

2024.3.7 (木), 名古屋大学教育学部附属中・高等学校       

化学がわかればあなたの人生がより豊かになる

石原一彰

依頼講義 名古屋大学教育学部附属中・高等学校 座長:大羽徹教諭(主催:名古屋大学高大接続研究センター 高橋まりな特任助教)

2024.1.30 (火), 名古屋大学工学研究科1号館10階1023号室(1101講義室)

酸塩基複合触媒(ABS Catalysis)

石原一彰

研究紹介 第3回 GTR Tea Break

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Chemo-, Site-, Regio- and Enantioselective Oxidative Cycloaddition of 2-Alkyl-1-Naphthols via o-Quinone Methide Intermedaites

Takaharu Morino, Takehiro Kato, Muhammet Uyanik,* Kazuaki Ishihara*

Poster P-412 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Exploration of Chiral Lewis Base Catalysts for Enantioselective Bromoazidation of Alkenes

Mayumi Urata, Keigo Nagami, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara*

Poster P-411 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Design of Chiral Iron(III) Photoredox Catalysts for Enantioselective Radical Cation [4+2] Cycloaddition toward Natural Product Synthesis

Hayato Akao, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara*

Poster P-410 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

キラル鉄(II)触媒を用いる遠隔C(sp3)–H結合切断とエナンチオ選択的分子内フッ素移動反応

ZHANG Yanghao, 大村修平, 石原一彰*

Poster P-312 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Chiral Ammonium Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomative Cyclization of Phenolic Oximes to Spiroisoxazolines

Yaohan Liang, Takehiro Kato, Muhammet Uyanik,* Kazuaki Ishihara*

Poster P-311 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Chiral Oraganoiodine(III)-catalyzed Enantioselective Oxidative Biaryl Coupling of Alkoxyarenes

Shunsuke Minabe, Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik,* Kazuaki Ishihara*

Poster P-310 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Lewis Base–Silyl Lewis Acid Cooperative Catalyst for Iodochlorination of Tetrasubstituted Alkenes

Keigo Nagami, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara*

Poster P-309 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Development of 1,3,2-Dioxaborolan-4-one Catalysts for Dehydrative Amidation toward Peptide Synthesis

Qianchun Huang, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara*

Poster P-308 GTR Annual Meeting 2023

2024.1.12 (Fri.), Toyoda Auditorium, Nagoya University

Electrooxidative Dearomatization of Phenols Catalyzed by Bromine Species

Kai Matsui, Muhammet Uyanik,* Kazuaki Ishihara*

Poster P-106 GTR Annual Meeting 2023

2023.12.16 (Sat.), Xi'an Jiatong University, China

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture Organic Seminar (Host: Prof. Le Liu)

2023.12.15 (Fri.), Lanzhou University, China

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture Organic Seminar (Host: Prof. Chun-An Fan)

2023.12.13 (Wen.), Nankai University, China

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture Organic Seminar (Host: Prof. Chi Zhang)

2023.12.12 (Tue.), Tianjin University, China

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture Organic Seminar (Host: Prof. Yunhei Du)

2023.12.8, オークマ工作機械工学館オークマホール

博士のススメ

片桐佳

口頭発表 名古屋大学工学研究科「博士のススメ2023」

2023.12.2, The National University of Singapore, Singapore

Highly Enantioselective Radical Cation [2+2] and [4+2] Cycloadditions by Chiral Iron(III) Photoredox Catalysis

Shuhei Ohmura, Kei Katagiri, Haruna Kato, Takahiro Horibe, Sho Miyalkawa, Jun-ya Hasegawa, Kazuaki Ishihara

Poster Presentation

PA-18

ICCEOCA-16 (The 16th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemictry in Asia)

Dec. 1–4, 2023

2023.11.27, 東北大学大学院理学研究科大講義室

リチウムアセチリドのケトンへのエナンチオ選択的付加反応に有効なキラル大環状時リチウム塩触媒の開発

山下賢二、多畑勇志、山川勝也、望月拓哉、松井開、波多野学、○石原一彰

招待講演

IL-1

第16回有機触媒シンポジウム

2023年11月27-28日、主催:有機触媒研究会

2023.11.23, Rihga Royal Hotel Kyoto

Oxidative Dearomative Coupling of Low-Reactive Arenols Using Hypohalite Catalysis

Muhammet Uyanik, Takehiro Kato, Naoto Sahara, Sho Akagawa,
Kazuaki Ishihara

Oral presentation

OP-58

IKCOC-15 (The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry), 21–23 Nov., 2023

2023.11.21, Rihga Royal Hotel Kyoto

Highly Enantioselective Radical Cation [2+2] and [4+2] Cycloadditions of
Chalcone Derivatives by Chiral Iron(Ⅲ) Photoredox Catalysis

Shuhei Ohmura, Kei Katagiri, Haruna Kato, Takahiro Horibe, Sho Miyakawa,
Jun-ya Hasegawa, Kazuaki Ishihara

Poster

PA(E)-13

IKCOC-15 (The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry), 21–23 Nov., 2023

2023.11.21, Rihga Royal Hotel Kyoto

Tandem Isomerization/α,β-Site- and Enantioselective Addition Reactions of N-(3-
Butynoyl)-3,5-dimethylpyrazole Induced by Chiral π–Cu(II) Catalysts

Weiwei Guo, Masahiro Hori, Yoshihiro Ogura, Kazuki Nishimura,
Kazuaki Ishihara

Poster

PA(D)-37

IKCOC-15 (The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry), 21–23 Nov., 2023

2023.11.12, 三重大学

Highly Effective 1,3,2-Dioxaborolan-4-one Catalyst for Dehydrative Amidation toward Peptide Synthesis

HUANG Qianchun、大村 修平、石原 一彰

ポスター 2P-29 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

キラル超原子価ヨウ素触媒を用いる2-アルコキシナフタレン類のエナンチオ選択的酸化的ビアリール
カップリング反応

三鍋 駿介、田中 啓貴、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

ポスター 2P-26 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

キラル鉄(Ⅱ)触媒を用いる遠隔 C(sp3)– H結合切断とエナンチオ選択的分子内フッ素移動反応

張 養浩、大村 修平、石原 一彰

ポスター 2P-22 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

キラル第四級アンモニウム塩触媒によるアニリン類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型塩素化反応

藤井 悠人、加藤 丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

ポスター 2P-014 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるスピロイソキサゾリンの不斉合成

梁 耀涵、加藤 丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

ポスター 2P-010 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

高活性 Lewis塩基–シリル Lewis酸協奏型触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

○永見 圭悟、大村 修平、石原 一彰

ポスター 2P-05 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

銅/ヨウ素協奏触媒を用いるエナンチオ選択的酸素酸化的環化反応

○松山 俊輝、加藤 丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

ポスター 2P-01 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

キラル鉄(III)光レドックス触媒を用いる江南チオ選択的ラジカルカチオン[2+2]及び[4+2]環化付加反応

○片桐 佳、加藤 春奈、大村 修平、石原 一彰

口頭発表 2A-11 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2023.11.12, 三重大学

SDGs時代に生き残る触媒開発

石原一彰

招待講演2A-06 第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(座長:八谷巌)

2023.11.2, College of Chemistry, Sichuan University, Chengdu, China

Rational Design of High-Perfomance Catalysts Based on Acid–Base Combination CHemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture

Organic Seminar (Host: Professor Da-Gang Yu)

2023.11.1, Shanghai Institute of Organic Chemistry (SIOC), Shanghai, China

Rational Design of High-Perfomance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture

Organic Seminar (Host: Professor Shuli You)

2023.10.31, ShanghaiTch University, Shanghai, China

Rational Design of High-Perfomance Catalysts Based on Acid–Base Combination CHemistry

Kazuaki Ishihara

Invited lecture

Organic Seminar (Host: Professor Zhi Li)

2023.10.17–19, タワーホール船堀

エナンチオ選択的ラジカルカチオン[4+2]環化付加反応に有効なキラル鉄(Ⅲ)光レドックス触媒の設計と天然物合成への応用

赤尾 颯斗・大村 修平・石原 一彰

学生ポスター発表(P9-040)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

1,3,2-Dioxaborolan-4-one-catalyzed Dehydrative Condensation of Carboxylic Acids with Amines toward Peptide Synthesis

Qianchun HUANG・大村 修平・石原 一彰

学生ポスター発表(P7-057)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

o-キノンメチドの酸化的生成を伴う位置、配向及びエナンチオ選択的[4+2]環化付加反応

森野 高晴・加藤 丈裕・ウヤヌク ムハメット・石原 一彰

学生ポスター発表(P7-053)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

無溶媒・常温下でのメチル(メタ)アクリレートのエステル交換反応に有効なマグネシウム(II)及びナトリウム(I)フェノキシド触媒の開発

Chengyi SHAN・今 利真・石原 一彰

学生ポスター発表(P5-047)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるα,β-不飽和カルボニル化合物のγ位選択的酸化的カップリング反応

浅田 康太朗・松井 開・ウヤヌク ムハメット・石原 一彰

学生ポスター発表(P3-052)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

アルケンのエナンチオ選択的ブロモアジド化反応に有効なキラルLewis塩基触媒の開発

浦田 真由・永見 圭悟・大村 修平・石原 一彰

学生ポスター発表(P1-045)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

エナンチオ選択的分子内フッ素移動反応に有効なキラル鉄(II)触媒の開

Yanghao ZHANG・大村 修平・石原 一彰

学生ポスター発表(P1-037)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.17–19, タワーホール船堀

キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる酸化的脱芳香族化反応によるスピロイソキサゾリンの不斉合成

Yaohan Liang・加藤 丈裕・ウヤヌク ムハメット・石原 一彰

学生ポスター発表(P1-032)

第13回CSJ化学フェスタ2023

2023.10.10–13 Wuhan, China

Enantioselective Radical Cation [2+2] and [4+2] Cycloaddition of Chalcone Derivatives by Chiral Iron(III) Photoredox Catalysis

Kazuaki Ishihara

Plenary lecture (PL-9-F)

2023 International Conference on Photochemistry and Industry

2023.9.16/名古屋工業大学Nitechホール

キラル第四級アンモニウム塩触媒によるアニリン類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型塩素化反応

藤井悠人、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表

第2回東海地区有機反応若手の会

2023.9.16/名古屋工業大学Nitechホール

銅/ヨウ素協奏触媒を用いるエナンチオ選択的酸素酸化的環化反応

松山俊輝、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表

第2回東海地区有機反応若手の会

2023.9.15/千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館

銅/ヨウ素協奏触媒を用いるエナンチオ選択的酸素酸化的環化反応

○松山俊輝、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰

ポスター発表S12

第26回ヨウ素学会シンポジウム

2023.9.1/お茶の水女子大学 国際交流プラザ 多目的ホールC

フルオラス触媒から含フッ素触媒へ

○石原一彰

招待講演

フルオラス科学研究会第13回シンポジウム(東京)

2023.8.10–12/上郷・森の家(横浜)

Dehydrative Condensation of Carboxylic Acids with Amines by Highly Effective 1,3,2-Dioxaborolan-4-one Catalyst

HAUNG Qianchun

ポスター発表

第57回有機反応若手の会

2023.8.10–12/上郷・森の家(横浜)

キラルLewis塩基触媒を用いるアルケンのエナンチオ選択的ブロモアジド化反応

○浦田真由

ポスター発表

第57回有機反応若手の会

2023.8.10–12/上郷・森の家(横浜)

無溶媒・常温下でのメチル(メタ)アクリレートのエステル交換反応に有効なマグネシウム(Ⅱ)及びナトリウム(I)フェノキシド触媒の開発

○SHAN Chengyi

ポスター発表

第57回有機反応若手の会

2023.7.21(金)8時45分~12時/名古屋大学工学研究科1号館144講義室

大学の化学は楽しい! 分子の世界:知る、見る、触る、作る

○石原一彰

講義と研究室見学

2023年度 学びの杜・学術コース

主催:名古屋大学 大学院教育発達科学研究科附属 高大接続研究センター

2023.7.3–5/ホテル&リゾーツ佐賀唐津

o-キノンメチドの酸化的生成に伴う位置、配向及びエナンチオ選択的[4+2]環化付加反応

○森野高晴、加藤丈裕、UAYNIK Muhammet、石原一彰

ポスター発表

第55回有機金属若手の会 夏の学校

2023.7.3–5/ホテル&リゾーツ佐賀唐津

キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる酸化的脱芳香族化反応によるスピロイソキサゾリンの不斉合成

○LIANG Yaohan加藤丈裕、UAYNIK Muhammet、石原一彰

ポスター発表

第55回有機金属若手の会 夏の学校

2023.7.3–5/ホテル&リゾーツ佐賀唐津

未定

○ZHANG Yanghao大村修平、石原一彰

ポスター発表

第55回有機金属若手の会 夏の学校

2023.7.3–5/ホテル&リゾーツ佐賀唐津

キラル鉄(Ⅲ)触媒を用いるフェノールとアルケンのエナンチオ選択的酸化的[3+2]環化付加反応

○松田春輝、野村晃佑、松井開、大村修平、石原一彰

ポスター発表

第55回有機金属若手の会 夏の学校

2023.6.29–30/つくば国際会議場(茨城)

Lewis塩基ーシリルLewis酸協奏型触媒を用いる四置換アルケンのヨードクロロ化反応

○永見圭悟大村修平、石原一彰

ポスター発表

第56回天然物化学談話会

2023.6.29–30/つくば国際会議場(茨城)

未定

○赤尾颯斗大村修平、石原一彰

ポスター発表

第56回天然物化学談話会

2023.6.29–30/つくば国際会議場(茨城)

第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒によるα,β-不飽和カルボニル化合物のγ位置選択的酸化的カップリング反応

○浅田康太朗、松井開、UYANIK Muhammet、石原一彰

ポスター発表

第56回天然物化学談話会

2023.6.25–28/A Marcus Wallenberg Symposium, Stockholm University, Sweden

Hypoiodite-catalyzed Oxidative Umpolung of Indoles for Enantioselective Dearomatization

○Kazuaki Ishihara, Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik

OC-7

Oral Communications

International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC 7)

2023.6.15–16/北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点(FMI)

π–銅(II)触媒を用いるN-(3-ブチノイル)-3,5-ジメチルピラゾールのタンデム異性化/α,β-位置及びエナンチオ選択的付加反応(Tandem isomerization/α,β-site- and enantioselective reactions of N-(3-butynoyl),35-dimethylpyrazole induced by chiral π–Cu(II) catalysts)

○石原一彰, GUO Weiwei, 堀将寛,小倉義浩,西村和揮,沖光,井改知幸,八島栄次

口頭発表

OP-16

Symposium on Molecular Chirality 2023 in Sapporo (MC2023)

2023.5.6(土)/ホテルルブラ王山、愛知県千種区

アカデミアの道

○石原一彰

特別講演
学術講演会(主催:石原研同窓会)

2023.4.27/オンライン(zoomウェビナー)

グリーンケミストリーを指向するキラルπ-銅(Ⅱ)触媒を用いる不斉反応の開発と反応機構の解明

○石原一彰、安藤香織、岡夏央

口頭発表
東海国立大学横断研究推進プロジェクト成果報告会

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan