講演会 2006~2008


▼オーガニック・ セミナー 2007.9.11 (Tue)

Chiral Electrophilic Reagents: From Stoichimetric to Catalytic Reactions

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. Thomas Wirth

*Cardiff University, United Kingdom

 

 


▼オーガニック・ セミナー 2007.6.15 (Fri)

Development and Applications of Activity-Based Probes for Hydrolases

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. Lee-Chiang Lo

*National Taiwan University, Taiwan

 


▼公開講演会 2007.5.24 (Thu)

細胞内情報伝達物質を制御する分子をめざして:プロテインホスファターゼ阻害剤の開発

 

■会場:名古屋大学 工学1号館 N142

■プレゼンター:袖岡幹子先生

*理化学研究所主任研究員


▼オーガニック・ セミナー 2007.5.22 (Tue)

New catalytic cyclizations using ruthenium, platinum and gold catalysts


 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

■プレゼンター:Prof. Dr. Rai-Shung Liu

*National Tsing Hua University (国立清華大学), Taiwan

 


▼オーガニック・ セミナー 2006.12.5 (Tue)

Cascades and Catalytic Multicomponent Reactions for Total Synthesis



■会場:名古屋大学 N142 レクチャールーム

■プレゼンター:Prof. Dr. Timothy F. Jamison

*Massachusetts Institute of Technology, USA

 

 


▼オーガニック・ セミナー 2006.9.5 (Tue)

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

 

 

New Developments in the Synthesis and Asymmetric Applications of Sulfoxides


■プレゼンター:Prof. Dr. Patrick Metzner

*ENSICaen-Universite, Caen, France


 

 

 

Asymmetric Synthesis Based on Sulfoximine-Substituted Allyltitanium Complexes


■プレゼンター:Prof. Dr. Hans Joahim Gais

*Rheinish-Westfalische Technische Hochschule, Aachen, Germany


▼公開セミナー 2006.6.8(Thu)

 

■会場:名古屋大学 VBL ベンチャーホール

 

キラルブレンステッド酸触媒を用いた含窒素化合物不斉合成


■プレゼンター:秋山 隆彦 先生(学習院大)

 

 

 

 

 

 

 

 

グアニジンアルカロイドの合成とタンパク質間相互作用の制御機構解析


■プレゼンター:長澤 和夫 先生 (東京農工大)

 

 

 

 


▼オーガニック・セミナー 2006.5.25(Thu)

Chemistry of alpha-Trimethylsilylmethylamine Radical Cations: Design and Synthesis of New Glycomimetics

 


■会場:名古屋大学 N143 レクチャールーム

■プレゼンター:Prof. Dr. Ganesh Pandey

*Division of Organic Chemistry (Synthesis), National Chemical Laboratory, Pune, India

 

 


Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan