学会発表 2022年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2022.11.6~10/Kazusa Arc, Kisarazu, Chiba, Japan

Halogen Bonding Effect on Enantioselective α-Halogenation Reaction Catalyzed by π–Cu(II) Complexes
Kazuaki Ishihara, Kazuki Nishimura, Yanzhao Wang, Yoshihiro Ogura, Kaztsuya Yamakawa
Oral Presentation (O1) ISXB5 (5th International Symposium on Halogen Bonding)

2022.11.6~10/Kazusa Arc, Kisarazu, Chiba, Japan

Lewis Base–Silyl Lewis Acid Coopertaive Catalyzed Iodochloronation of Alkenes
Keigo Nagami, Shuheii Ohmura, Kazuaki Ishihara
Poster Presentation (O1) ISXB5 (5th International Symposium on Halogen Bonding)

2022.11.6~10/Kazusa Arc, Kisarazu, Chiba, Japan

Enantioselective Oxidative Biaryl Coupling Using Chiral Hypervalent Iodine(III) Compounds
Shunsuke Minabe, Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara
Poster Presentation (O1) ISXB5 (5th International Symposium on Halogen Bonding)

2022.11.5–6/オンライン

高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応
加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰
口頭発表(2D02)

第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(愛知工業大学)

2022.11.5–6/オンライン

光学活性2,3-ジヒドロベンゾフラン類の合成を指向したキラル鉄(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的[3+2]環化付加反応

野村晃佑、大村修平、石原一彰

ポスター発表(1P44)

第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(愛知工業大学)

2022.11.5–6/オンライン

キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型フッ素化反応
山本翔吾、田中啓貴、ウヤヌクムハメット、石原一彰
ポスター発表(1P40)

第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(愛知工業大学)

2022.10.20/タワーホール船堀

塩化物とoxoneを用いるアルケンの酸化的クロロ官能基化反応
藤井悠人、岡田侑也、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰
ポスター発表(P8-043) 第12回CSJ化学フェスタ2022

2022.10.20/タワーホール船堀

エナンチオ選択的酸素酸化的カップリング反応に有効な銅/ヨウ素協奏触媒の開発
松山俊輝、井原颯紀、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰
ポスター発表(P8-041) 第12回CSJ化学フェスタ2022

2022.10.20/タワーホール船堀

キラル超原子価ヨウ素化合物を用いるエナンチオ選択的酸化的ビアリールカップリング反応
三鍋駿介、田中啓貴、ウヤヌクムハメット、石原一彰
ポスター発表(P7-050) 第12回CSJ化学フェスタ2022

2022.10.20/タワーホール船堀

Lewis塩基ーシリルLewis酸協奏型触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応
永見圭悟、大村修平、石原一彰
ポスター発表(P7-048) 第12回CSJ化学フェスタ2022

2022.9.13/オンライン

キラルLewis塩基-ハロLewis酸協奏触媒を用いるポリプレノイドのエナンチオ選択的ヨード環化反応
今利真、辻泰隆、堀部貴大、石原一彰
一般講演 ヨウ素学会

September 5〜8, 2022/ŁódźŸ, Poland

Enantioselective α-halogenation of N-acylpyrazoles catalyzed by π–Cu(II) complexes
Kazuaki Ishihara, Kazuki Nishimura, Yanzhao Wang, Yoshihiro Ogura, and Katsuya Yamakawa
Invited Lecture (S02 IL-03) HALCHEM X (The 10th International Meeting on Halogen Chemistry)

July 25〜26, 2022/Hong Kong (on line)

Enantioselective Ammonium Hypoiodite Catalysis for Oxidative Umpoling of Indoles
Muhammet Uyanik, Hiroki Tanaka, Naoya Ukegaa, Kazuaki Ishihara
Poster (PB-14) ICCEOCA15 (The 15th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia)

2022.7.22(金)/名古屋大学工学研究科1号館133講義室

大学の化学は楽しい! 分子の世界:知る、見る、触る、作る
石原一彰
講演 名古屋大学 学びの杜・学術コース

July 3–8, 2022/Namur, Belgium

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
Kazuaki Ishihara
Plenary Lecture (L6) BOSS XVII (17th Belgian Organic Synthesis Sympsoium)

2022.6.30(木)・1(金)/富山県民会館

メチル(メタ)アクリレートのエステル交換反応に有効なマグネシウム(II)及びナトリウム(I)ビスフェノキシド触媒の開発
今 利真ZHAO Xue
RATANASAK Manussada、長谷川 淳也、石原 一彰
ショートオーラル・ポスター (1P-01) 日本プロセス化学会2022サマーシンポジウム

2022年6月27日〜29日、淡路夢舞台国際会議場

キラル超原子価ヨウ素化合物を用いる2-ナフチルエーテル類のエナンチオ選択的酸化的ビアリールカップリング反応

○三鍋駿介、田中啓貴、ウヤヌクMuhammet、石原 一彰

ポスター 第54回有機金属若手の会 夏の学校

2022年6月27日〜29日、淡路夢舞台国際会議場

銅/ヨウ素協奏触媒を用いるエナンチオ選択的酸素酸化的カップリング反応

松山俊輝、井原颯紀、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原 一彰

ポスター 第54回有機金属若手の会 夏の学校

2022年6月27日〜29日、淡路夢舞台国際会議場

NaClとOxoneを用いるアルケンの酸化的Ritter型クロロアミド化反応

○藤井悠人、岡田侑也、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原 一彰

ポスター 第54回有機金属若手の会 夏の学校

2022年6月27日〜29日、淡路夢舞台国際会議場

Lewis塩基触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

永見圭悟、大村修平、石原 一彰

ポスター 第54回有機金属若手の会 夏の学校

2022.6.15(水)・16(木)/オンライン

無溶媒・常温下でのメチル(メタ)アクリレートのエステル交換反応に有効なマグネシウム(II)及びナトリウム(I)ビスフェノキシド触媒の開発
今 利真ZHAO Xue
RATANASAK Manussada、長谷川 淳也、石原 一彰
ポスター (A-24) 第11回JASCI/GSCシンポジム

2022.5.31(火)13:30~14:00/日本学術会議講堂+オンライン

環境に優しい有機合成法を目指して
石原一彰 基調講演S-01 第34回環境工学連合講演会

2022.5.11(水)15:45~16:00/オンライン方式(Zoom)

可視光をエネンルギー源に用いるグリーン触媒合成法の開発
石原一彰 口頭発表 2021年度採択 未来社会創造プロジェクト 研究成果報告会(主催:名古屋大学未来社会造像機構 未来社会創造プロジェクト

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan