学会発表 2020年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2021.3.22(月)14:20~14:40/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A19-4pm-05 Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Oxidative Cyclization of Indole Derivatives(次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類の化学選択的酸化的環化反応)

Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

Oral Presentation (B)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.22(月)11:10~11:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A15-4pm-03 Cp*Rh/キラルアニオンハイブリッド触媒による不斉分子内オキシアミノ化反応の開発

廣瀬純平、佐竹瞬、波多野学、石原一彰、小島正寛、吉野達彦、松永茂樹

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.22(月)11:10~11:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A07-4am-14 ホウ酸を脱水縮合触媒に用いる効率的ペプチド合成 (Efficient Peptide Synthesis Using Dehydrate Condensation Catalyzed by Boric Acid)

石川達也、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)15:20~15:30/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-3pm-15 Reusable Silica-Supported Ammonium BINSate Catalysts for Enantio- and Diastereoselective Friedel–Crafts-type Double Aminoalkylation of N-Benzylpyrrole with Aldimines(N-ベンジルピロールとアルジミンのエナンチオおよびジアステレオ選択的Friedel–Crafts型二重アミノアルキル化反応に有効な再利用可能シリカ担持型アンモニウムBINSA塩触媒)

Xue Zhao、Takuya Mochizuki、Kyogo Maeda、Ken Motokura、Manabu Hatano、Kazuaki Ishihara

Orgal Presentation (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)15:10~15:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-3pm-14 Enantioselective Cascade Iodocyclization Reaction of 2-geranylarenols Induced by Chiral Amidophosphate Catalysts and Halo-Lewis Acids(キラルリン酸アミドエステル触媒とハロLewis酸を用いる2-ゲラニルアレノールのエナンチオ選択的カスケードヨード環化反応)

◯Yasutaka Tsuji、Takahiro Horibe、Kazuaki Ishihara

Orgal Presentation (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)13:20~13:40/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A19-3pm-02 Enantioselective Radical Cation-induced [4+2] Cycloaddition Initiated by Chiral Iron(III) Salts and Effect of Photoirradiation(キラル鉄(III)塩を開始剤に用いるエナンチオ選択的ラジカルカチオン[4+2]環化付加反応と光照射による反応促進効果)

Shuhei Ohmura、Takahiro Horibe、Kazuaki Ishihara

Orgal Presentation (B)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)11:20~11:30/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A10-3am-15 キラル鉄(III)–銀(I)協奏的触媒を用いるMichaelーエナンチオ選択的Conia-エン型環化タンデム反応 (One-Pot Michael Addition–Enantioselective Conia-ene-type Cyclization Tandem Reaction Promoted by Chiral Iron(III)–Silver(I) Cooperative Catalysts)

竹田和生、平松倫、榊原聖人、堀部貴大、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)11:10~11:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-3am-04 リン酸系触媒と酸無水物を用いるアルコールのアシル化の反応機構解明 (Mechanistic Insight of Acylation of Alcohols with Acid Anhydrides Catalyzed by Phosphoric Acid Derivatives)

林寛之、安河内章太郎、阪本竜浩、波多野学、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)9:30~9:40/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-3am-04 Lewis酸-キラルリン酸複合触媒を用いるマルチ選択的Diels–Alder反応による多環式ノルボルネン誘導体の合成 (Synthesis of Polycyclic Norbornene Derivatives Using Multiselective Diels–Alder Reaction Catalyzed by Boron Lewis Acid-Assisted Chiral Phosphoric Acids)

松井開、藤浩平、波多野学、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.21(日)9:20~9:30/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-3pm-03 Enantio- and Diastereoselective Carbonyl-Ene Cyclization–Acetalization Tandem Reaction Catalyzed by Boron Lewis Acid-assisted Chiral Phosphoric Acids(ボロンLewis酸複合型キラルリン酸触媒を用いるエナンチオ及びジアステレオ選択的カルボニル-エン環化–アセタール化タンデム反応)

Jianhao Huang、Takuya Mochizuki、Manabu Hatano、Kazuaki Ishihara

Oral Presentation (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)15:20~15:30/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-2pm-15 キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応 (Chiral Quaternary Ammonium Hypobromite-catalyzed Enantioselective Dearomative Azidation of Arenols)

月森康夫、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)15:10~15:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-2pm-14 高活性キラル第四級アンモニウム塩触媒による(ヘテロ)アレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型塩素化反応 (High-performance Chiral Quaternary Ammonium Salt-catalyzed Enantioselective Dearomative Chlorination of (Hetero)arenols)

熊谷幸子、佐原直登、片出旺太、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)13:10~13:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-2pm-02 超原子価ヨウ素(Ⅲ)触媒を用いるアレノールの酸化的脱芳香族型フッ素化反応 (Hypervalent Iodine(Ⅲ)-catalyzed Oxidative Dearomative Fluorination of Arenols)

山本翔吾、田中啓貴、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)13:00~13:10/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-2pm-01 2-アルキルスピロインドレニンの骨格転位型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成 (Ring Expansion Reaction of 2-Alkylspiroindolenines via Skeletal Rearrangement to Azepinoindoles)

安井俊博、田中啓貴、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)13:00~13:10/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-2pm-01 2-アルキルスピロインドレニンの骨格転位型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成 (Ring Expansion Reaction of 2-Alkylspiroindolenines via Skeletal Rearrangement to Azepinoindoles)

安井俊博、田中啓貴、ウヤヌクムハメット、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)11:20~11:40/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-2am-08 Enantioselective α-Halogenation of N-Acyl-3,5-Dimethylpyrazoles Catalyzed by Chiral π–Cu(II)–π Complexes (π–銅(II)–π錯体を用いるアシルピラゾール類のエナンチオ選択的α-ハロゲン化反応)

Kazuki  Nishimura、Yanzhao Wang、Yoshihiro Ogura、Kazuaki Ishihara

Oral Presentation (B)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)10:30~10:40/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A21-2am-10 光照射下で進行するアネトール類のエナンチオ選択的ラジカルカチオン[4+2]環化付加反応に有効なキラル鉄(III)塩の開発 (Development of Chiral Iron(III) Salts for Enantioselective Radical Cation-induced [4+2] Cycloaddition of Anetholes under Photoirradiation)

加藤春奈、片桐佳、大村修平、堀部貴大、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.20(土)10:20~10:30/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A21-2am-09 光照射下で進行するエナンチオ選択的ラジカルカチオン[2+2]環化付加反応に有効なキラル鉄(III)塩の開発 (Development of Chiral Iron(III) Salts for Enantioselective Radical Cation-induced [2+2] Cycloaddition under Photoirradiation)

◯片桐佳、大村修平、堀部貴大、石原一彰

口頭発表 (A)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.19(金)10:00~10:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-1am-04 Chemoselective Transesterification of Methyl (Meth)acrylates Catalyzed by Sodium(I) or Magnesium(II) Aryloxides(ナトリウム(I)またはマグネシウム(II)アリールオキシド触媒によるメチル(メタ)アクリレートの化学選択的エステル交換反応)

Jie Qi Ng、Hiro Arima、Takuya Mochizuki、Kohei Toh、Kai Matsui、Manussada Ratanasak、Jun-Ya Hasegawa、Manabu Hatano、◯Kazuaki Ishihara

Oral Presentation (B)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.3.19(金)9:00~9:20/2021.3.19(金)〜22日(月)/オンライン方式

A20-1am-01 Oxidative Dearomatization of Arenols Using High-performance Hypohalite Catalysis(高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールの酸化的脱芳香族化反応)

Takehiro Kato, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

Oral Presentation (B)

日本化学会第101春季年会(2021)

2021.1.9/オンライン方式 Zoom & Linc Biz、名古屋大学、2021年1月9日

P-401 Synthesis of polycyclic norbornene derivatives using multiselective Diels–Alder reaction catalyzed by boron Lewis acid-assisted chiral phosphoric acids.

Kai Matsui, Kohei Toh, Manabu Hatano, and  Kazuaki Ishihara

ポスター発表 GTR Annual Meeting 2020

2021.1.9/オンライン方式 Zoom & Linc Biz、名古屋大学、2021年1月9日

P-302 Boron Lewis acid-assisted chiral phosphoric acid catalysts for enantioselective carbonyl-ene cyclization–acetalization tandem reaction

Jianhao Huang, Takuya Mochizuki, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

ポスター発表 GTR Annual Meeting 2020

2021.1.9/オンライン方式 Zoom & Linc Biz、名古屋大学、2021年1月9日

P-301 Development of chiral iron(III) salts for enantioselective radical cation-induced [2+2] cycloaddition under photoirradiation

Kei Katagiri, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

ポスター発表 GTR Annual Meeting 2020

2021.1.9/オンライン方式 Zoom & Linc Biz、名古屋大学、2021年1月9日

P-201 High-Performance Hypohalite Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Arenols

○Takehiro Kato, Naoto Sahara, Muhammet Uyanik, Jun-Ya Hasegawa, Kazuaki Ishihara

ポスター発表 GTR Annual Meeting 2020

2021.1.9/オンライン方式 Zoom & Linc Biz、名古屋大学、2021年1月9日

P-102 Enantioselective α-halogenation of N-acyl-3,5-dimethylpyrazoles catalyzed by chiral π–Cu(II)–π complexes

Kazuki Nishimura, Yanzhao Wang, Yoshihiro Ogura, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

ポスター発表 GTR Annual Meeting 2020

2021.1.9/オンライン方式 Zoom & Linc Biz、名古屋大学、2021年1月9日

P-101 Enantioselective dearomatization of indoles for total synthesis of natural products

Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik, Toshio Nishikawa, Kazuaki Ishihara ポスター発表 GTR Annual Meeting 2020

2021.1.5/Webinar hosted on Zoom

高機能触媒設計のための新結合様式の開拓

○石原一彰

依頼講演

新春企画Zoom Webinar「新結合様式の開拓と機能の創製」(座長:荒井孝義教授)

2020.12.16/Webinar hosted on Zoom

キラルπ- 銅(II)触媒を用いるアシルピラゾールのエナンチオ選択的α-ハロゲン化反応

○石原一彰

口頭発表

分子性触媒による高度分子変換技術第184委員会講習会(ZOOM) (座長:秋山隆彦教授)

2020.12.2-4 (14:30 to 17:30)/Webinar hosted on Zoom

Power of Oxidative Iodine Catalysis

○Kazuaki Ishihara

Invited lecture Chiral India 2020 "New pharmaceutical technologies: Shaping the future of drug development"

2020.11.30-2020.12.1/岡山大学

酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

○石原一彰

大学院集中講義

& 公開講演会

岡山大学大学院自然科学研究科(ホスト:坂倉彰教授)

2020.10.20-22(2020.10.20 10:00–11:00)/オンライン

P1-045 Development of reusable silica-supported ammonium BINSate catalysts for enantioselective aza-Friedel–Crafts reaction

○Xue Zhao,1 Kyoto Maeda,2 Manabu Hatano,3 Ken Motokura,2 Kazuaki Ishihara1 (1. Nagoya Univ/; 2. Tokyo Inst. Tech.; 3. Kobe Pharmaceutical Univ.)

Poster Presentation 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.20-22(2020.10.20 13:00–14:00)/オンライン

P2-057 エナンチオ選択的Conia–エン反応に有効なキラル鉄(III)-銀(I)協奏的触媒の開発(Development of chiraliron(III)–silver(I) cooperative catalysts for enantioselective Conia–ene reaction)

○竹田和生、平松倫、榊原聖人、堀部貴大、石原一彰

ポスター発表 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.20-22(2020.10.20 15:30–16:30)/オンライン

P3-045 高活性キラル第四級アンモニウム塩触媒によるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型塩素化反応(High-performance chiral quaternary ammonium salt-catalyzed enantioselective dearomative chlorination of arenols)

○熊谷幸子、佐原直登、片出旺太、ウヤヌク・ムハメット、石原一彰

ポスター発表 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.20-22(2020.10.21 10:00–11:00)/オンライン

P4-059 エナンチオ選択的ラジカルカチオン[4+2]環化反応の開発研究:青色LEDと添加剤の効果(Study on the enantioselective radical cation [4+2] cycloaddition reaction: the effect of blue LED and additives)

加藤春奈、片桐佳、大村修平、堀部貴大、石原一彰

ポスター発表 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.20-22(2020.10.21 11:00–12:00)/オンライン

P4-034 Boron Lewis acid-assisted chiral phosphoric acid catalysts for enantioselective carbonyl–ene cyclization–acetalization tandem reaction tives

○Jianhao Huang,1 Takuya Mochizuki,1 Manabu Hatano,2 Kazuaki Ishihara1 (1. Nagoya Univ.; 2. Kobe Pharmaceutical Univ.)

Poster Presentation 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.20-22(2020.10.21 15:30–16:30)/オンライン

P6-043 ホウ素Lewis酸ーキラルリン酸複合触媒を用いるマルチ選択的Diels–Alder反応(Boron Lewis acid-assisted chiral phosphoric acid catalysts for multiselective Diels–Alder reaction)

松井開1、藤浩平1、波多野学2、石原一彰1(名大1, 神戸薬科大2)

ポスター発表 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.20-22(2020.10.22 15:30–16:30)/オンライン

P9-045 キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるあれノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応(Chiral Quaternary ammonium hypobromite catalysis for enantioselective dearomative azidation of arenols)

月森康夫、ウヤヌクムハメット、石原一彰

ポスター発表 第10回CSJ化学フェスタ(2020)

2020.10.5/東亞合成株式会社R&D総合センター

酸塩基複合科学を基盤とする精密触媒の設計

石原一彰

招待講演 学術講演会(座長:石崎謙一)

2020.9.9/Teamsによるオンライン開催

「ヨウ素」の力

石原一彰

口頭発表 1D08 2020 GTR Seeds Seminar in ITbM/GTRコンソーシアム 2020年度第5回ワークショップ

2020.5.27-29/福岡国際会議場

種々の活性化アミドからなる(メタ)アクリルアミド誘導体のラジカル重合制御とポリ(メタ)アリルアルコールの合成

杉浦優斗・渡辺大智・西田竹徳・内山峰人・石原一彰・上垣外正己

口頭発表 1D08 第69回高分子学会年次大会

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

国立大学法人 東海国立大学機構

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

Tokai National Higher Education and Research System

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan