学会発表 2018年度 (part 2)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1F1-08 鉄(III)塩を開始剤に用いるラジカルカチオン[4+2]及び[2+2]環化反応 (Rdaical cation-induced [4+2] and [2+2] cycloaddition initiated by iron(III) salts)

大村修平、堀部大、石原一彰

B講演(英語) 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1F1-10 (III)に用いるα,β-和カルボニル化合物とスチレンのラジカルカチオン[2 + 2]化反 (Radical cation-induced [2 + 2] cycloaddition of α,β-unsaturated carbonyl compounds with styrenes initiated by iron(Ⅲ) salts)

片桐佳、大村修平、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1F1-11 アミニウムラジカルカチオンを触媒的とするスチレンと1,3-ジエンからの1-アリルシクロペンタ-1-エン合成 (Aminium Radical Cation Initiator for the Synthesis of 1-Arylcyclopent-1-enes from styrenes with 1,3-dienes)

平松、大村修平、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1E6-33 ホウ素Lewis-キラルリン酸合触媒を用いるマルチ選択[2+2]及び[4+2付加化反応 (Boron Lewis Acid-Assisted Chiral Phosphoric Acid Catalysts for Multiselective [2+2] and [4+2] Cycloadditions)

阪本浩、望月拓哉、波多野学、石原一彰

B講演(英語) 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1E6-35 キラルリチウムビナフチルジスルホン酸触媒を用いるアルジミンのエナンチオ選択的Strecker型反応 (Enantioselective Strecker-type reaction of aldimines catalyzed by chiral lithium binaphthyldisulfonates)

○西尾幸祐、波多野学、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1E6-36 リン酸触媒と酸無水物を用いるアシル化の反応機構解 (Mechanistic insight of acylation  using phosphoric acid catalysts and acid anhydrides)

林寛之、安河内章太郎、阪本竜浩、波多野学、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1E6-48 トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン-キラルリン酸合触媒を用いるエナンチオ選択的カルボニル-エン化反 (Tris(pentafluorophenyl)borane-assisted chiral phosphoric acid catalysts for enantioselective carbonyl-ene cyclization)

望月拓哉、石原英幸、波多野学、石原一彰

B講演(英語) 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1E6-50 キラルC1称ビスリン酸触媒を用いるピロル及びインドのエナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts (Enantioselective aza-Friedel–Crafts reaction of pyrroles and indoles catalyzed by chiral C1-symmetric bis(phosphoric acid)

藤浩平、波多野学、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1F1-48  Lewisヨウ素奏型触媒を用いる中員環構築を指向したヨドラクトン化反とヨウ素の添加 (Lewis base–iodine cooperative catalysts for iodolactonization for the construction of medium sized rings and the effect of iodine)

泰隆、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1F1-49 キラル第二アミンボロン酸奏型触媒を用いるα,β-和カルボン酸とケトンの高エナンチオ選択1,4-付加反 (Chiral secondary amine–boronic acid cooperative catalysts for enantioselective 1,4-addition of α,β-unsaturated carboxylic acids with ketones)

司、中田裕斗、泰隆、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

1F1-50 ぺプチド合成を指向したカルボン酸とアミンの脱水合反に有なボロン酸触媒の開発 (Boronic acid-catalyzed dehydrative condensation between carboxylic acids and amines directed towards the peptide synthesi)

石川也、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

2E6-42 (III)-(I)奏的触媒を用いるエナンチオ選択Conia-エン反のキラル配位子設計 (Design of chiral ligand for iron(III)-silver(I)-catalyzed enantioselective Conia-ene reaction)

人、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

2E6-43 キラルジホスフィンオキシド-(ll)体を触媒とする7-2-ナフトルのエナンチオ選択的酸化的カップリング反 (Chiral diphosphine oxide-iron(ll) catalysts for enantioselective oxidative coupling of 7-substituted 2-naphthols)

中川太、堀部大、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3H6-17 Cp*Rh(III)/キラルアニオンハイブリッド体による不分子内オキシアミノ化反

 

廣瀬純佐竹瞬波多野学石原一彰吉野松永茂

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-27 ヨウ素酸触媒を用いるインドルのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反 (Chiral hypoiodite-catalyzed enantioselective oxidative dearomatization of indoles)

田中啓貴川直哉、Muhammet Uyanik、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-28 2-アルキルスピロインドレニンの1,3-位型環拡大反によるアゼピノインドルの合成 (Ring expansion reaction of 2-alkylspiroindolenines via 1,3-rearrangement to azepinoindoles)

安井俊博、田中啓貴Muhammet Uyanik、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-29 キラルヨウ素(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化反のスケルアップ検討 (Scalability of chiral organoiodine(III)-catalyzed enantioselective oxidation reactions)

石崎伸一、Muhammet Uyanik、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3E6-35 Development of chiral supramolecular catalysts for multiselective Diels-Alder reaction

Manabu Htanao

Invited (Asian International Symposium (Organic and Green Chemistry) 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-39  キラル次ヨウ素酸触媒を用いるカルボニル化合物のエナンチオ選択的酸化的α-アジド化反 (Chiral hypoiodite-catalyzed enantioselective oxidative α-azidation of carbonyl compounds)

佐原直登、UYANIK Muhammet、石原一彰

B講演(英語) 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-41 キラル第四アンモニウム触媒を用いるナフトのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型素化反 (Chiral quaternary ammonium salt-catalyzed enantioselective oxidative dearomatizative chlorination of naphthols)

片出 旺太, 佐原 直登, Muhammet UYANIK, 石原 一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-42 高活性次ハロゲン酸触媒を用いるフェノルのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応 (High-performance hypohalite catalysis for enantioselective oxidative dearomatization of phenols)

加藤 丈裕, 佐原 直登, Muhammet UYANIK, 石原 一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-56 ヨウ素酸触媒を用いるキノンメチドの化学選択的生成及びタンデム型反への (Hypoiodite-catalyzed chemoselective generation of quinone methides and application to tandem reactions)

西浩平、Uyanik Muhammet、石原一彰

B講演(英語) 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

3F1-58 IBS酸化触媒とOxoneを用いるアルコルの高率的選択的酸化及び酸化的エステル化反 (IBS-catalyzed highly efficient and selective oxidation and oxidative esterification of alcohols with Oxone)

近藤太郎、Muhammet Uyanik、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

4E6-07 キラルπ-(II)触媒を用いる活性アミドのエナンチオ選択α-フッ素化反 (Enantioselective α-fluorination reaction of N-acyl-3,5-simethylpyrazoles induced by chiral π-copper(II) catalysts)

西村和、山川也、石原一彰

A講演 日本化学会第99春季年会

2019.3.16-19/甲南大学(兵庫県、岡本キャンパス)

4E6-08 キラルπ-(II)触媒を用いるアリル及びベンジルナフチルエテルのエナンチオ選択[1,3]または[3,3]位反 (A chiral π–Cu(II) complex-catalyzed [1,3] or [3,3] O-to-C rearrangements of allyl/benzyl naphthyl ethers)

Lu Yao, Kazuaki Ishihara

A講演 日本化学会第99春季年会

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan