学会発表 2019年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2019.9.4 (2019.9.2–6)/Lisbon, Portugal

KL13 Enantio- ans site-selective α-fluorination of N-acyl-3,5-dimethylpyrazoles catalyzed by chiral π-Cu(II) complexes

◯Kazuaki Ishihara, Kazuki Nishimura, Katsuya Yamakawa
Keynote lecture 1st International Conference of Noncovalent Interactions (ICNI)

2019.9.1–6/Kyoto, Japan

5P-072s IBS-catalyzed Highly Efficient and Selective Oxidation of Alcohols with Oxone

Ryutaro Kondo, Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara Poster 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress

2019.9.1–6/Kyoto, Japan

2P-010 Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Oxidative Generation of ortho-Quinone Methides and Tandem Reactions

Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Ryutaro Kondo, Kazuaki Ishihara Poster 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress

2019.8.31/名古屋大学豊田講堂

49 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールの不斉酸化的脱芳香族化反応

◯田中啓貴、請川直哉、ウヤヌク ムハメット、石原一彰
ポスター 第9回企業と博士人材の交流会

2019.8.30/千葉大学西千葉キャンパスけやき会館

S20 キラル次亜ヨウ素塩触媒を用いるインドールの極性転換及び不斉脱芳香族化反応

◯田中啓貴、請川直哉、ウヤヌク ムハメット、石原一彰
ショートスピーチ&ポスター 第22回ヨウ素学会シンポジウム

2019.8.30/千葉大学西千葉キャンパスけやき会館

S25 Lewis塩基触媒を用いるヨードラクトン化反応におけるヨウ素の添加効果

◯堀部貴大、辻泰隆、石原一彰
ショートスピーチ&ポスター 第22回ヨウ素学会シンポジウム

2019.8.23/National Taiwan University, Taiwan

Development of highly efficient catalytic esterification, amidation, and oxidation

◯Kazuaki Ishihara
Invited lecture Organic Seminar (Host: Prof. Jeffrey Chi-Sheng Wu and TCIA)

2019.8.22/Taipei International Convention Center, Taiwan

The Chemical Summit Panel Discussion with Topic 'Implementing Green Chemistry, directing Chemical Industry toward Sustainable Future'

◯Kazuaki Ishihara
Panel Discussion TCIA 2019 Taiwan Chemistry Forum

2019.8.22/Taipei International Convention Center, Taiwan

Keynote 2. Green Catalysis on Esterifcation, Amidation, and Oxidation
◯Kazuaki Ishihara
Keynote TCIA 2019 Taiwan Chemistry Forum

2019.7.24-26/Kyoto International Conference Center, Kyoto

1P-47 Chiral Macrocyclic Lithium Binaphtholate Catalysts for Enantioselective Addition of Lithium Acetylides to Ketones
◯Manabu Hatano, Kenji Yamashita, Kazuaki Ishihara
Poster The 4th International Symposium on Process Chemistry

2019.7.24-26/Kyoto International Conference Center, Kyoto

1P-07 Structure and Reactivity of Aromatic Radical Cations Generated by FeCl3
◯Takahiro Horibe, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara
Poster The 4th International Symposium on Process Chemistry

2019.7.21-26/Stonehill College, Easton, MA, USA

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
◯Kazuaki Ishihara
Invited lecture Gordon Research Conference, Organic Reactions and Processes, Syntheses and Methods for Efficient and Novel Organic Reactions and Processes

2019.7.18-19/名古屋大学野依記念館

Development of High Performance Chiral Brønsted Acid Catalysts
◯Takuya Mochizuki, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara
Oral 第5回野依フォーラム若手育成塾

2019.7.7-12/Salve Regina University

Structure and Reactivity of Aromatic Radical Cations Generated by FeCl3
◯Takahiro Horibe, Shuhei Ohmura, Kazuaki Ishihara
Poster Gordon Research Conference,
Organometallic Chemistry:  Innovations in Ligand, Main Group and Metals as Platforms for Activation

2019.7.3-5/定山渓温泉 鹿の湯

ペプチド合成を指向したカルボン酸とアミンの脱水縮合反応
◯石川達也・堀部貴大・石原一彰 ポスター発表 第54回天然物化学談話会

2019.7.3-5/定山渓温泉 鹿の湯

リン酸触媒と酸無水物を用いるアシル化の反応機構解明
◯林寛之・安河内章太郎・阪本竜浩・波多野学・石原一彰 ポスター発表 第54回天然物化学談話会

2019.7.3-5/定山渓温泉 鹿の湯

Chiral Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of Indole Derivatives
◯田中啓貴・請川直哉・ウヤヌク ムハメット・石原一彰 ポスター発表 第54回天然物化学談話会

2019.6.30-7.2/マリンロッジ海風館

鉄(III)塩を開始剤に用いるα,β-不飽和カルボニル化合物とスチレンのラジカルカチオン[2+2]環化反応
◯片桐佳・大村修平・堀部貴大・石原一彰 ポスター発表 第54回有機反応若手の会

2019.6.30-7.2/マリンロッジ海風館

キラルヨウ素(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化反応のスケールアップ検討
◯石崎伸一・ウヤヌク ムハメット・石原一彰 ポスター発表 第54回有機反応若手の会

2019.6.24-25/東京国際フォーラム

塩化鉄(III)を開始剤とするラジカルカチオン[4+2]環化反応(FeCl3-initiated radical cation-induced [4+2] cycloaddition)
◯堀部貴大・大村修平・石原一彰 ポスター発表 8th JACI/GSC Symposium 2019

2019.6.24-26/倉敷せとうち児島ホテル

2-アルキルスピロインドレニンの1,3-転移型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成
◯安井俊博・田中啓貴・ウヤヌク ムハメット・石原一彰 ポスター発表 第52回有機金属若手の会 夏の学校

2019.6.24-26/倉敷せとうち児島ホテル

高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的脱芳香族化反応

◯加藤丈裕・佐原直登・ウヤヌク ムハメット・石原一彰

ポスター発表 第52回有機金属若手の会 夏の学校

2019.6.24-26/倉敷せとうち児島ホテル

キラルπ–銅(II)触媒を用いるエナンチオ選択的α-フッ素化反応

◯西村和揮、山川勝也、石原一彰

ポスター発表 第52回有機金属若手の会 夏の学校

2019.6.21-22/鈴鹿サーキット

高活性ハロゲン酸化触媒の開発

◯ウヤヌク ムハメット

依頼講演 GTRリトリート合宿

2019.6.21-22/鈴鹿サーキット

高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的脱芳香族化反応

◯加藤丈裕・佐原直登・ウヤヌク ムハメット・石原一彰

ポスター発表 GTRリトリート合宿

2019.6.21-22/鈴鹿サーキット

Chiral hypoiodite-catalyzed enantioselective oxidative dearomatization of indole derivatives

◯Hiroki Tanaka, Naoya Ukegawa, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

ポスター発表 GTRリトリート合宿

2019.6.21-22/鈴鹿サーキット

キラルπ–銅(II)触媒を用いるエナンチオ選択的α-フッ素化反応

◯西村和揮、山川勝也、石原一彰

ポスター発表 GTRリトリート合宿

2019.6.14-15/金沢商工会議所

OP-06 キラルπ–Cu(II)触媒を用いるエナンチオ選択的α-フッ素化反応 (Chiral π–copper(II) complex catalyzed enantioselective α-fluorination)

◯石原一彰、西村和揮、山川勝也

一般講演 モレキュラーキラリティーシンポジウム2019

2019.6.5/千葉大学 千葉ヨウ素資源イノベーションセンター1階 講義室

ヨウ素を反応剤や触媒に用いる反応開発

◯石原一彰

招待講演 CIRICセミナー No. 2
ハロゲン結合の化学 ~ヨウ素の高度利用をめざして~

2019.3.20/坂田・平田ホール、工学研究科1号館

反応を自在に操る触媒づくりのはなし

◯石原一彰

依頼講演 名古屋大学オープンレクチャー2019

2019.3.11-13/Village Hotel Changi, Singapore

Rational design of high-performace catalysts based on acid–base combination chemistry

◯Kazuaki Ishihara

Keynote Presentation 3rd Edition of International Congress on Catalysis and Chemical Science

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan