学会発表 2018年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など

 

2018.12.10/名古屋大学

キラルπ-銅(II)触媒を用いるエナンチオ選択的α-フッ素化反応

◯西村和揮、山川勝也、石原一彰

ポスター発表 IGER/ITbM Chemistry Workshop 2018 - Exploring the Science with Molecules

2018.12.10/名古屋大学

高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

加藤丈裕、佐原直登、 UYANIK Muhammet、石原一彰

ポスター発表 IGER/ITbM Chemistry Workshop 2018 - Exploring the Science with Molecules

2018.12.10/名古屋大学

Lewis塩基–ヨウ素協奏型触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応とヨウ素の添加効果

○辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

ポスター発表 IGER/ITbM Chemistry Workshop 2018 - Exploring the Science with Molecules

2018.12.10/名古屋大学

鉄(III)塩を開始剤に用いるラジカルカチオン[4 + 2]及び[2 + 2]環化反応
Radical cation-induced [4 + 2] and [2 + 2] cycloadditions initiated by iron(III) salts

○大村修平、堀部貴大、石原一彰

ポスター発表 IGER/ITbM Chemistry Workshop 2018 - Exploring the Science with Molecules

2018.12.3-4/学習院創立百周年記念会館

ボロン酸触媒を用いるカルボン酸の活性化

○石原一彰

口頭発表 第11回有機触媒シンポジウム

2018.12.3-4/学習院創立百周年記念会館

アキラルなホウ素Lewis 酸で活性化したキラルリン酸触媒を用いる高次選択的[2+2]及び[4+2]付加環化反応

○波多野学、阪本竜浩、望月拓哉、石原一彰

口頭発表 第11回有機触媒シンポジウム

2018.11.12–16/Rihga Royal Hotel Kyoto, Japan

OP-42 Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry

○Kazuaki Ishihara

Oral Presentation IKCOC-14 (The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry)

2018.11.8/愛知県立豊田西高等学校

分子を繋ぐ触媒をデザインする

○石原一彰

講義 豊西総合大学講座

2018.11.7-8/京都大学理学研究科セミナーハウス

デザイン型キラル超原子価ヨウ素(III)触媒

UYANIK Muhammet

招待講演 第3回有機若手ワークショップ

2018.11.4/名古屋大学IB館(D会場)

2PB39 インドール類の極性転換に伴うエナンチオ選択的酸化的環化反応の開発

○田中啓貴、請川直哉UYANIK Muhammet、石原一彰

ポスター発表 第49回 中部化学連合関係学協会支部連合秋季大会

2018.11.4/名古屋大学IB館(D会場)

2D11 フェノールの酸化反応による高活性キノンメチドの化学選択的生成法の開発及びタンデム型反応への応用

○西岡浩平UYANIK Muhammet、石原一彰

口頭発表 第49回 中部化学連合関係学協会支部連合秋季大会

2018.11.1–4/Thailand

PB-09 Rational Design of Novel Chiral Polyprotic Acid Catalysts for Enantioselective Aza-Friedel–Crafts Reactions

○Kazuaki Ishihara, Manabu Hatano, Akira Sakakura, Haruka Okamoto, Taro Kawakami, Kohei Toh, Takuya Mochiuzki, and Hidefumi Nakatsuji

One-Minute Oral Prentation/Poster Presentaion ICCEOCA-13 (The 13th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia)

2018.10.29–31/Singapore

OP19 Lewis Base–Halogen-based Lewis Acid Cooperative Catalysts for Iodochlorination of Alkenes with In-situ Generated Iodine Monochloride

○Yasutaka Tsuji, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

Oral Presentation Junior ICCEOCA-8 / Junior ARNCEOCA-4

2018.10.23-25/タワーホール船堀

P3-034
超原子ヨウ素触媒(V)を用いるアルコルの高率的選択的酸化反

近藤太郎UYANIK Muhammet石原一彰

ポスター発表 8CSJ化学フェスタ2018

2018.10.23-25/タワーホール船堀

P3-033 キラル次ハロゲン酸触媒を用いるフェノのエナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反

加藤丈裕佐原直登UYANIK Muhammet石原一彰

ポスター発表 8CSJ化学フェスタ2018

2018.10.23-25/タワーホール船堀

P5-024 キラル第二級アミン–芳香族ボロン酸協奏型触媒を用いるα,β-不飽和カルボン酸とケトンの高エナンチオ選択的1,4-付加反応

枦山貴司、中田裕斗、魯 彦会、辻 泰隆、堀部貴大、石原一彰

ポスター発表 8CSJ化学フェスタ2018

2018.10.23-25/タワーホール船堀

P5-026 キラルC1及びC2対称ビスリン酸触媒を用いるα-ケチミノエステルとフランの高エナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts反応

藤 浩平、岡本 遼、川上太郎、仲辻秀文、坂倉 彰、波多野 学、石原一彰

ポスター発表 8CSJ化学フェスタ2018

2018.10.23-25/タワーホール船堀

P5-028 アミニウムラジカルカチオンをに用いるスチレンとジエンの1-アリルシクロペンタ-3-エンの合成

平松 大村修平堀部石原一彰

ポスター発表 8CSJ化学フェスタ2018

2018.10.20/名古屋大学IB電子情報館

ショートプレゼンテーション「触媒の匠工房」
セミナー 研究開発物語 「かたちあるプロトン酸(H+)触媒を分子設計する」

石原一彰

講師 テクノフェア名大2018

2018.10.9/滝学園

触媒をデザインして化学反応を自在に操る

石原一彰

模擬講義 滝学園窓口 井戸康貴(進学指導主任)

2018.10.3/東京工業大学大岡山キャンパス

酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

石原一彰

集中講義&招待講演

東京工業大学理工学院応用化学系

有機化学上級第五(医農薬化学)(3年生向け)

ホスト:田中健教授

2018.9.21/広島市立大学

O-1 B(C6F5)3を触媒に用いる立体選択的Diels–Alder反応

石原一彰

口頭発表 第11回 フルオラス科学研究会

2018.9.18-20/ほほえみの宿 滝の湯 (山形)

キラル超分子触媒による高次立体選択的付加環化反応の開発

阪本竜浩、波多野学、石原一彰

ポスター発表 第35回有機合成化学セミナー

2018.9.14/千葉大学西千葉キャンパスけやき館

セレニウムI2協奏型触媒を用いるトリプタミン類の クロロ環化反応

堀部貴大、大村修平、石原一彰

一般講演 ヨウ素学会シンポジウム

2018.9.14/千葉大学西千葉キャンパスけやき館

S15 チオウレア Lewis 塩基-ハロ Lewis 酸協奏的触媒を用いる一塩化ヨウ素 調製法の開発とアルケンのヨードクロロ化反応

○辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

ショートスピーチ

&

ポスター発表

ヨウ素学会シンポジウム

2018.9.11/大日本住友製薬 大阪研究所

酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

石原一彰

招待講演 大日本住友製薬 講演会

2018.9.1/名古屋大学豊田講堂

No. 54 Lewis塩基触媒を用いる一塩化ヨウ素調製法の開発及びアルケンのヨードクロロ化反応

辻泰隆、堀部貴大、石原一彰

Poster 第8回 企業と博士人材の交流会

2018.9.1/名古屋大学豊田講堂

No. 38 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる直接的α-アジド化反応

○佐原直登、UYANIK Muhammet、石原一彰

Poster 第8回 企業と博士人材の交流会

2018.8.30-9.2/Keio University, Hiyoshi Campus, Yokohama, Japan

Enantioselective Hypoiodite Catalysis for Oxidative Coupling Reactions
○Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Daisuke Suzuki, Hirokazu Iwata, Kazuaki Ishihara Poster The 4th International Symposium on C-H Activation (ISCHA4)

2018.7.22–27/Salve Regina University, USA

Structure and Catalytic Reactivity of Aromatic Radical Cations Generated by FeCl3

○Takahiro Horibe, Shuhei Ohmura,

Kazuaki Ishihara

Poster

Gordon Research Conference, Stereochemistry 2018

2018.7.9/ICIQ (The Institute of Chemical Research of Catalonia), Spain

Rational Design of High–Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture Seminar (Profs. Kilian Muñiz and Paolo Melchiorre)

2018.7.6/Durham University, Durham, England, UK

Rational Design of High–Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination CHemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture The Mini-Symposium on Boron-catalysed Amidation: from Theory to Practice at Durham University

2018.7.1–4/Cardiff University, Cardiff, Wales, UK

IBS-Catalyzed Oxidation of Alcohols
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture ICHIC 2018 (6th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry)

2018.7.4–6/熊谷・森林公園 「ホテルヘリテイジときの湯温泉」

No. 4 ラジカルカチオンを鍵とする[4 + 2]及び[2 + 2]環化反応に有効な鉄(III)塩の開発
◯大村修平(D1)、堀部貴大、石原一彰* 一般講演 第53回有機反応若手の会

2018.7.4–6/熊谷・森林公園 「ホテルヘリテイジときの湯温泉」

P1-1 アミニウムラジカルカチオンを開始剤に用いるスチレンとジエンの1-アリールシクロペンタ-1-エンの合
◯平松倫(M1)、大村修平、堀部貴大、石原一彰* ポスター 第53回有機反応若手の会

2018.7.4–6/熊谷・森林公園 「ホテルヘリテイジときの湯温泉」

P2-1 キラル第二級アミン–ボロン酸協奏触媒を用いるα,β-不飽和カルボン酸とケトンのエナンチオ選択的1,4-付加反応
◯枦山貴司(M1)、中田裕斗、辻泰隆、堀部貴大、石原一彰* ポスター 第53回有機反応若手の会

2018.7.4–6/伏尾温泉 不死王閣(大阪府池田市)

P-95 Chiral Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of Indol Derivatives
○田中啓貴(M2)、請川直哉、UYANIK Muhammet、石原一彰*
ポスター 第53回天然物談話会

2018.7.4–6/伏尾温泉 不死王閣(大阪府池田市)

P-102 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率的選択的酸化反応
近藤竜太郎(M1)、UYANIK Muhammet、石原一彰* ポスター 第53回天然物談話会

2018.7.4–6/伏尾温泉 不死王閣(大阪府池田市)

P-107 キラルC1及びC2対称ビスリン酸触媒を用いるα-ケチミノエステルとフランの高エナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts反応
○藤浩平(M1)、岡本遼、川上太郎、仲辻秀文、坂倉彰(岡山大)、波多野学、石原一彰* ポスター 第53回天然物談話会

2018.7.2–4/京都レイクフォレストリゾート

2P-01 硫黄Lewis塩基触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応
◯辻泰隆(D1)、堀部貴大、石原一彰* ポスター 第51回有機金属若手の会 夏の学校

2018.7.2–4/京都レイクフォレストリゾート

1P-23 キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反応

◯加藤丈裕(M1)、佐原直登、UYANIK Muhammet、石原一彰

ポスター 第51回有機金属若手の会 夏の学校

2018.7.2–4/京都レイクフォレストリゾート

1P-38 キラルπ-銅(II)触媒を用いるα-ハロアミドのエナンチオ選択的立体分岐型合成
○西村和揮(M2)、WANG Yanzhao、小倉義弘、山川勝也、石原一彰* ポスター 第51回有機金属若手の会 夏の学校

2018.6.15/Searle Chamistry Laboratory, The University of Chicago, IL, USA

Rational Design of High Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture Special Organic Syntheses Lecture (Host: Prof. Scott A. Snyder)

2018.6.10-14/Hyatt Regency Hotel, Greenville, South Carolina, USA

Cooperative System of Chiral Lewis Base Catalysts and Halo-Lewis Acids for Enantioselective Halocyclization
○Kazuaki Ishihara Keynote ISXB3 (3rd International Symposium on Halogen Bonding)

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

B-7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボランで活性化されたキラルリン酸触媒を用いるエナンチオ選択的カルボニル-エン環化反応
○望月拓哉、石原英幸、波多野学、石原一彰 口頭発表 第113回有機合成シンポジウム

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

P-25. L-アミノ酸誘導体-銅(II)触媒によるキラルα-ハロアミドのエナンチオ選択的分岐合成
○西村和揮、WANG Yanzhao、小倉義浩、山川勝也、石原一彰 ショートオーラル・ポスター 第113回有機合成シンポジウム

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

P-17. 鉄(III)塩を触媒的開始剤に用いるラジカルカチオン[4+2]環化及び[2+2]環化反応
○大村修平、堀部貴大、石原一彰 ショートオーラル・ポスター 第113回有機合成シンポジウム

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

P-16. Lewis塩基-ハロLewis酸協奏型触媒を用いる中員環構築を指向したヨードラクトン化反応
○辻泰隆、堀部貴大、石原一彰 ショートオーラル・ポスター 第113回有機合成シンポジウム

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

P-9. 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の直接α-アジド化反応
○佐原直登、UYANIK Muhammet、石原一彰 ショートオーラル・ポスター 第113回有機合成シンポジウム

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

P-1. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるスピロインドレニンの不斉合成
○田中啓貴、請川直哉、UYANIK Muhammet、石原一彰 ショートオーラル・ポスター 第113回有機合成シンポジウム

2018.6.6-7/名古屋大学坂田・平田ホール

A-4. 新規キラルビススルホン酸の合成と不斉反応への応用
○栗原拓丸、佐竹瞬、波多野学*、石原一彰*、吉野達彦、松永茂樹(北大院薬、名大院工*) 口頭発表 第113回有機合成シンポジウム

2018.5.29/Chinese University of Hong Kong (香港中文大学) (Hong Kong)

Rational Design of Amidation and Esterification Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture 2017 ACP Lectureship Award Lecture (Host: Prof. Ying Yeung Yeung)

2018.5.29/Hong Kong Baptist University(香港浸会大学) (Hong Kong)

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture 2017 ACP Lectureship Award Lecture (Host: Prof. Ken Cham-Fai Leung)

2018.5.28/City University of Hong Kong (香港城市大学) (Hong Kong)

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture 2017 ACP Lectureship Award Lecture (Host: Prof. Hoi Lun Kwong)

2018.5.28/The Chinese University of Hong Kong (香港中文大学) (Hong Kong)

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture

2017 ACP Lectureship Award Lecture (Host: Prof. Ying Yeung Yeung)

2018.5.15/Jiangxi Normal University (江西師範大学) (Nangchang City (南昌市), P. R. China)

Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
○Kazuaki Ishihara Invited Lecture

Organic Seminar (Host: Prof. Junfeng Zhao)

http://webadmin.jxnu.edu.cn/s/346/t/1754/a/110617/info.jspy

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan