学会発表 2017年度 (part 2)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など


2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H2-43 Chiral counterion-directed Cp*Rh(III)-catalysis for asymmetric conjugated addition of 2-phenylpyridines via C-H activation
○SATAKE, Shun; KURIHARA, Takumaru; NISHIKAWA, Keisuke; MOCHIZUKI, Takuya; HATANO, Manabu; ISHIHARA, Kazuaki; YOSHINO, Tatsuhiko; MATSUNAGA, Shigeki B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H4-35 Chiral U-Shaped Supramolecular Catalysts for Multiselective Diels-Alder Reaction
○SAKAMOTO, Tatsuhiro; HATANO, Manabu; ISHIHARA, Kazuaki B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H4-37 キラルカリウムビナフチルジスルホン酸塩触媒を用いるケチミンとインドールのエナンチオ選択的アザ-Friedel-Crafts反応
○望月 拓哉・波多野 学・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H4-38 キラルC1対称型ビスリン酸触媒を用いるα-ケチミノエステルと2-メトキシフランのエナンチオ選択的アザ-Friedel-Crafts反応
○川上 太郎・安河内 章太郎・波多野 学・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H5-17 キラルπ-銅(II)触媒を用いるアシルピラゾールのエナンチオ選択的α-フッ素化化反応
○西村 和揮・王 彦兆・小倉 義浩・山川 勝也・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H5-18 Chiral Cu(II) Complex-Catalyzed Enantioselective [1,3] Rearrangement of Allylnaphthyl Ether
○YAO, Lu; ISHIHARA, Kazuaki A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H5-19 キラル鉄(III)-銀(I)協奏触媒を用いるエナンチオ選択的Conia-エン反応
○榊原 聖人・堀部 貴大・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H5-20 キラルジホスフィンオキシド-鉄(II)錯体を用いる2-ナフトール類のエナンチオ選択的酸化的カップリング反応
○中川 恵太・堀部 貴大・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H5-49 Enantioselective Cyanation of Ketones and alpha,beta-Unsaturated Carbonyl Compounds Catalyzed by Chiral Lithium Phosphoryl Phenoxide
○YAMAKAWA, Katsuya; HATANO, Manabu; ISHIHARA, Kazuaki B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1H5-51 キラルリチウムビナフチルジスルホン酸塩触媒を用いるアルジミンのエナンチオ選択的Strecker型反応
○西尾 幸祐・波多野 学・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

1PC-039 高活性アンモニウム塩触媒を用いる環境調和型エステル合成
○藤 浩平・多畑 勇志・波多野 学・石原 一彰 ATPポスター 日本化学会春季年会

2018.1.10/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

2H5-15 キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカスケード型不斉アミノ環化反応による2-アシルピペラジンの合成
○岩田 寛和・UYANIK Muhammet・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

2H5-16 キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類のエナンチオ選択的酸化的アミノスピロ環化反応
○田中 啓貴・請川 直哉・UYANIK Muhammet・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H4-11 Aromatic radical cations generated by iron(III) salts which induce [4 + 2] and [2 + 2] cycloadditions
○HORIBE, Takahiro; OHMURA, Shuhei; ISHIHARA, Kazuaki B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H4-13 アミニウムラジカルカチオンを触媒的開始剤に用いるスチレンとジエンの1-アリールシクロペンタ-1-エンの合成
○平松 倫・大村 修平・堀部 貴大・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H4-44 Chiral Nucleophilic Amidophosphate-Catalyzed Enantioselective Halocyclization
○LU, Yanhui; NAKATSUJI, Hidefumi; OKUMURA, Yukimasa; ISHIHARA, Kazuaki B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H4-46 セレニウム-ヨウ素協奏触媒を用いるトリプタミン誘導体とNCSのクロロ環化反応
○大村 修平・堀部 貴大・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H4-47 ハロLewis酸-チオウレアLewis 塩基協奏的触媒を用いる一塩化ヨウ素調製法の開発とアルケンのヨードクロロ化反応
○辻 泰隆・堀部 貴大・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-02 大環状キラルリチウムビナフトラート触媒を用いるケトンへのエナンチオ選択的アルキニル付加反応
○多畑 勇志・山川 勝也・山下 賢二・波多野 学・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-03 高活性第四級アンモニウム塩触媒を用いるエステル交換反応
○藤 浩平・多畑 勇志・波多野 学・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-12 Hypoiodite-catalyzed oxidative generation of quinone methides and application to tandem reactions
○NISHIOKA, Kohei; UYANIK, Muhammet; ISHIHARA, Kazuaki A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-13 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率的選択的酸化反応
○近藤 竜太郎・UYANIK Muhammet・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-17 Hypoiodite-catalyzed oxidative α-azidation of carbonyl compounds
○SAHARA, Naoto; UYANIK, Muhammet; ISHIHARA, Kazuaki B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-19 キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型アミノ環化反応
○片出 旺太・佐原 直登・UYANIK Muhammet・石原 一彰 B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-20 キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反応
○加藤 丈裕・佐原 直登・UYANIK Muhammet・石原 一彰 B講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-56 Ortho-Substituent Effect on 2,4-Bis(trifluoromethyl)phenylboronic Acid Which Catalyzes a Dehydrative Condensation between Carboxylic Acids and Amines
○WANG, Ke; LU, Yanhui; ISHIHARA, Kazuaki A講演 日本化学会春季年会

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3H5-57 キラルアミン-ボロン酸協奏触媒を用いるα,β-不飽和カルボン酸と環状ケトンのエナンチオ選択的1,4-付加反応
○枦山 貴司・中田 裕斗・魯 彦会・辻 泰隆・堀部 貴大・石原 一彰 A講演 日本化学会春季年会

 

2018.3.20-23/日本大学理工学部(千葉県、船橋キャンパス)

3S1-01 Rational Design of High-Performance Acid-Base Combined Catalysts
○ISHIHARA, Kazuaki

日本化学会賞

受賞講演

日本化学会春季年会

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan