学会発表 2016年度 (part 2)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など


2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

1S6-04 特別企画講演 触媒の鍵穴制御による高次選択的反応の開発
石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

1E6-39* Chiral Macrocyclic Lithium Binaphtholate Catalysts for Enantioselective
Alkynyl Addition to Ketones

YAMASHITA, Kenji

OOI, Naoki

HATANO, Manabu

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

1E6-41 キラルπ-銅(II)触媒を用いるアシルピラゾールのエナンチオ選択的α-ハロゲン化反応

西村和揮

王彦兆

小倉義浩
山川勝也

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

1E6-42 Chiral π-Cu(II) Complex-Catalyzed Enantioselective [1,3] Rearrangement
of Allylnaphthyl Ethers

YAO, Lu

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-08* Boron Tribromide-Assisted Chiral Phosphoric Acid Catalysts for Enantioselective [4 + 2] and [2 + 2] Cycloaddition Reactions

GOTO, Yuta

HATANO, Manabu

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-10 トリス(ペンタフルオロフェニル)ボランで活性化されたキラルリン酸触媒を用いるエナンチオ選択的カルボニル-エン環化反応

石原英幸

波多野学

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-11* Chiral Nucleophilic Amidophosphate-Catalyzed Enantioselective Iodocyclization

LU, Yanhui
NAKATSUJI, Hidefumi

OKUMURA, Yukimasa

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-13 ハロLewis酸-チオウレアLewis 塩基協奏型触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

辻泰隆

堀部貴大

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-15* Chiral Binaphthyldisulfonate Cluster Catalysts for Enantioselective Addition-Cyclization Cascade Reaction of Styrenes with Aldimines

NISHIKAWA, Keisuke

HATANO, Manabu
ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-17 キラルカリウムビナフチルジスルホン酸塩触媒を用いるケチミンとインドールのエナンチオ選択的アザ-Friedel-Crafts反応

望月拓哉

波多野学

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

 

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-18 キラルリチウムビナフチルジスルホン酸塩触媒を用いるアルジミンのエナンチオ選択的Strecker 型反応

西尾幸祐

西川圭祐

波多野学

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-34 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるortho-キノンメチドの生成を伴う酸化的タンデム反応

西岡浩平

UYANIK Muhammet

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-35 キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるアザスピロインドレニン類の不斉合成

請川直哉

UYANIK Muhammet

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-36 キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カスケード型環化反応

岩田寛和

UYANIK Muhammet

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-41* IBS-Catalyzed Site-selective Oxidation of Phenols to 1,2-Quinols

MUTSUGA, Tatsuya

UYANIK, Muhammet

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

2E5-43 キラル超原子価ヨウ素触媒を用いるビアリールヒドロキシカルボン酸のエナンチオ選択的酸化的スピロラクトン化反応

小枝きらら

UYANIK Muhammet

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

3E5-01 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α-アジド化反応

佐原直登

服部悠平

塚原万由子
UYANIK Muhammet

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

3E5-02 キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

片出旺太

佐原直登
UYANIK Muhammet

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

3E5-10 CSJ Award for Young Chemists Development of SelectiveOxidation Reactions Using  Designer Iodine Catalysts
Muhammet Uyanik

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-08 Novel Boronic Acid-catalyzed Dehydrate Condensation Reaction to
Amides: The Access to Dipeptides

WANG, Ke

LU, Yanhui

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-09 キラル第二級アミン-ボロン酸協奏型触媒を用いるα,β-不飽和カルボン酸とケトンのエナンチオ選択的1,4-付加反応

中田裕斗

魯彦会

堀部貴大

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-23* Enantioselective Aza-Friedel-Crafts Reaction with Imines Catalyzed
by Chiral Bis(phosphoric acid)s and Chiral Pyrophosphoric Acids

OKAMOTO, Haruka

HATANO, Manabu
ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-25 キラルビスリン酸触媒を用いるα-ケチミノエステルと2-メトキシフランのエナンチオ選択的アザ-Friedel-Crafts 反応

川上太郎

岡本遼

波多野学

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-26 キラルリチウム(I)ホスホリルフェノキシド触媒を用いるα,β-不飽和N-アシルピロールのエナンチオ選択的共役シアノ化反応

山川勝也

波多野学

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-30 キラルホスフィンオキシド-鉄(III)触媒を用いるエナンチオ選択的Conia-エン反応

榊原聖人

堀部貴大

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-31 キラルホスフィンオキシド-鉄(II)触媒を用いる2-ナフトールのエナンチオ選択的酸化的カップリング反応

中川恵太
堀部貴大

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-33* Multiselective Diels-Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts

SAKAMOTO, Tatsuhiro

HATANO, Manabu

ISHIHARA, Kazuaki

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

2017.3.16-19/慶應義塾大学 日吉キャンパス

4E6-35 高活性第四級アンモニウム塩触媒を用いるエステル交換反応

多畑勇志

波多野学

石原一彰

 口頭発表

日本化学会第97春季年会(2017)

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan