学会発表 2017年度 (part 1)


発表年月/開催地

発表テーマ

全発表者
(太字は発表者)

発表形式

会議の名称など


2017.8.7-9/定山渓世閣ホテルミリオーネ

P3 キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるアザスピロインドレニン類の不斉合成

◯田中啓貴

UKEGAWA Naoya

UYANIK Muhammet

石原一彰

ポスター 第50回有機金属若手の会夏の学校

2017.8.7-9/定山渓世閣ホテルミリオーネ

P2 求核性チオウレア触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応

◯辻泰隆

堀部貴大

石原一彰

ポスター 第50回有機金属若手の会夏の学校

2017.8.7-9/定山渓世閣ホテルミリオーネ

P1 Novel ortho-substituted Arylboronic Acid as Catalyst for Dehydrative Condensation between Carboxylic Acid and Amine

◯WANG Ke

LU Yanhui

石原一彰

ポスター 第50回有機金属若手の会夏の学校

2017.8.3-4/大阪国際交流センター

1P-07 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の化学選択的直接的α - アジド化反応

◯佐原直登

服部悠平

塚原万由子

UYANIK Muhammet

石原一彰

ショートトーク

&ポスター

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム

2017.8.3-4/大阪国際交流センター

1P-08 高活性第四級アンモニウム塩触媒を用いるエステル交換反応

◯多畑勇志

波多野学

石原一彰

ショートトーク

&ポスター

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム

2017.8.3-4/大阪国際交流センター

1P-09 新奇なボロン酸触媒を用いる脱水縮合反応によるアミド合成:ジペプチド合成への展開

◯王珂

魯彦会

石原一彰

ショートトーク

&ポスター

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム

2017.8.3-4/大阪国際交流センター

1P-10 チオウレアLewis 塩基触媒を用いたアルケンのヨードクロロ化反応及びポリプレノイドのヨード環化反応

◯辻泰隆

堀部貴大

石原一彰

ショートトーク

&ポスター

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム

2017.8.1, Institute of Mirobial Chemistry(微生物化学研究所)

Rational Design of Chiral Supramolecular Acid–Base Combined Catalysts

Kazuaki Ishihara

Invited lecture 柴崎研セミナー

2017.7.24–26, Melbourne, Australia

Chiral Nuclophilic Amidophosphate-catalyzed Enantioselective Iodocyclization

Kazuaki Ishihara

Oral Presentation 18th Tetrahedron Sympsoium Asia Edition

2017.7.20(木)〜7.21(金)/名古屋大学野依記念館

"Rational Design of High-Performance Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry"
◯Yanhui LU

Oral Presentation

2017.7.12(水)〜7.14(金)/麿洞温泉 涼風荘(三重県津市)

一般講演1「次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の化学選択的α-アジド化反応」
◯佐原直登

口頭発表

第52回有機反応若手の会

2017.7.12(水)〜7.14(金)/麿洞温泉 涼風荘(三重県津市)

P1-1「キラルホスフィンオキシド-鉄(III)触媒を用いるエナンチオ選択的Conia-エン反応」
◯榊原聖人

ポスター発表

第52回有機反応若手の会

2017.7.12(水)〜7.14(金)/麿洞温泉 涼風荘(三重県津市)

P1-2「キラルπ-銅(II)触媒を用いるアシルピラゾールのエナンチオ選択的α-ハロゲン化反応」
◯西村和揮

ポスター発表

第52回有機反応若手の会

2017.7.12(水)〜7.14(金)/麿洞温泉 涼風荘(三重県津市)

P2-1「キラルホスフィンオキシド-鉄(II)触媒を用いる2-ナフトールのエナンチオ選択的参加的カップリング反応」
◯中川恵太

ポスター発表

第52回有機反応若手の会

2017.7.5(水)〜7.7(金)/熱川ハイツ(静岡県賀茂郡東伊豆町)

P111 キラルリチウムビナフチルジスルホン酸塩触媒を用いるアルジミンのエナンチオ選択的Strecker型反応
◯西尾 幸祐、波多野 学、石原 一彰

ポスター発表

第52回天然物化学談話会

2017.7.5(水)〜7.7(金)/熱川ハイツ(静岡県賀茂郡東伊豆町)

P90 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ及び化学選択的酸化的脱芳香族化反応
◯片出旺太、原直登、加藤丈裕、Uyanik Muhammet 、石原一彰

ポスター発表

第52回天然物化学談話会

2017.7.5(水)〜7.7(金)/熱川ハイツ(静岡県賀茂郡東伊豆町)

P51 ジフェニルジセレニドーヨウ素協奏型触媒を用いるトリプタミン誘導体のクロロ環化反応
◯大村修平、堀部貴大、石原一彰

ポスター発表

第52回天然物化学談話会

2017.7.5(水)〜7.7(金)/熱川ハイツ(静岡県賀茂郡東伊豆町)

P4 キラルカリウムビナフチルジスルホン酸塩触媒を用いるケチミンとインドールのエナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts反応
◯望月拓哉、波多野学、石原一彰

ポスター発表

第52回天然物化学談話会

2017.6.23/東京大学薬学部講堂

エステル・アミド縮合触媒及び酸化触媒の開発
石原一彰

招待講演

第2回「有機分子触媒による高度分子変換技術」講習会 主催:研究開発専門委員会「有機分子触媒による高度分子変換」

2017.6.8-10/Hotel ContInental SaIgon, Ho Chi Minh City (HCMC), Vietnam

Multiselective Diels–Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts

Manabu Hatano

Tatsuhiro Sakamoto

Kazuaki Ishihara

Invited

International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017

2017.6.8-9/岡山大学(津島キャンパス)創立五十周年記念館

2-7 キラルリチウム(I)ホスホリルフェノキシド触媒を用いるα,β-不飽和-N-アシルピロールのエナンチオ選択的共役シアノ化反応

山川勝也

波多野学

石原一彰

口頭発表

第111回有機合成シンポジウム

2017.5.18/Sungkyunkwan University (成均館大学), Suwon, Korea

Multiselective Diels–Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts
Kazuaki Ishihara

Invited

Asian Core Program Lectureship to Korea 2016 (Host: Prof. Do Hyun Ryu)

2017.5.17/Sogang University (西江大学), Seoul, Korea

Multiselective Diels–Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts
Kazuaki Ishihara

Invited

Asian Core Program Lectureship to Korea 2016 (Host: Prof. Duck-Hyung Lee)

2017.5.16/KAIST (Korea Advanced Institute of Science and Technology (韓国科学技術院)), Daejeon, Korea

Multiselective Diels–Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts
Kazuaki Ishihara

Invited

Asian Core Program Lectureship to Korea 2016 (Host: Prof. Hee-Seung Lee).

2017.5.12-13/Icho Kaikan, Osaka University, Suita Campus, Osaka, Japan

OR-10 Rational Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts for Enantioselective Reactions
Kazuaki Ishihara

Oral

2nd International Symposium on Precisely Deisigned Catalysts with Customized Scaffolding

2017.4.28/East China University of Science and Technology

Rational Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
Kazuaki Ishihara

Invited

Organic Seminar (Host: Professor Wei-Ping Deng)

2017.4.28/Shanghai Institute of Materia Medica, Chinese Academy of Sciences

Rational Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
Kazuaki Ishihara

Invited

Organic Seminar (Host: Professor Ming-Hua Xu)

2017.4.27/Shanghai Jiao Tong University

Rational Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
Kazuaki Ishihara

Invited

Organic Seminar (Host: Professor Wanbin Zhang)

2017.4.27/East China Normal University

Rational Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
Kazuaki Ishihara

Invited

Organic Seminar (Host: Professor Xuefeng Jiang)

2017.4.26/Shanghai Institute of Organic Chemistry, Chinese Academy of Sciences

Rational Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts Based on Acid–Base Combination Chemistry
Kazuaki Ishihara

Invited

Organic Seminar (Host: Professor Shu-Li You)

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan