受賞 2017年度


▼平松倫(B4)が日本化学会東海支部長賞を受賞しました(2018年3月26日)。


石原一彰教授が第70回(平成29年度)日本化学会賞を受賞
高機能酸塩基複合触媒の合理的設計

Rational Design of High Performance Acid–Base Combined Catalysts

受賞理由http://www.chemistry.or.jp/activity/jyusyo-01-H29-02.pdf

Prof. Kazuaki Ishihara received "Nankai University Lectureship on Organic Chemistry" at Nankai University, Tianjin, P. R. China on 13th March, 2018.

▼多畑勇志、波多野学、石原一彰の3氏にJSPC優秀賞が授与されました。
受賞講演「高活性第四級アンモニウム塩触媒を用いるエステル交換反応」 ○多畑勇志,波多野学,石原一彰

12月8日(金)日本プロセス化学会2017ウインターシンポジウム(長崎ブリックホール)
http://www.cdsympo.com/process2017w/index.html

▼阪本竜浩(D2)が第48回中部化学関係学協会支部連合秋季大会特別討論会「躍進する有機化学」でVIP賞を受賞
2E-07 ○阪本竜浩、波多野学、石原一彰 (名大院工)
キラル超分子Lewis酸触媒によるマルチ選択的Diels-Alder反応


第7回CSJ化学フェスタ2017で優秀ポスター発表賞を受賞
P3-018 辻 泰隆 (名大院工)
チオウレア Lewis 塩基–ハロ Lewis 酸協奏型触媒を用いるアルケンのヨードクロロ化反応及びポリプレノ
イドのヨード環化反応
P3-042 大村修平 (名大院工)
ジフェニルジセレニドーヨウ素協奏型触媒を用いるトリプタミン誘導体のクロロ環化反応
P6-038 西村和揮 (名大院工)
キラル π-銅(II)触媒を用いるアシルピラゾールのエナンチオ選択的 α-ハロゲン化反応
P9-028 川上太郎 (名大院工)
キラルビスリン酸触媒を用いるケチミノエステルと
フランのエナンチオ選択的アザ-Friedel–Crafts 反応
http://www.csj.jp/festa/2017/document/poster_award.pdf

Prof. Kazuaki Ishihara received Asian Core Program/Advanced Research Network Lectureship Award from the coordinator of Hong Kong on 5th November, 2017. He attended ICCEOCA-12/ARNCEOCA-3 which was held at Xi'an, China (2nd-5th November, 2017).

PO-B19 "Enantioselective Hydrocyanation of Ketones and α,β-Unsaturated N-Acylpyrroles Catalyzed by Chiral Lithium(I) Phosphoryl Phenoxide"

Kazuaki Ishihara,* Manabu Hatano, and Katsuya Yamakawa
http://icceoca12.snnu.edu.cn

Yanhui LU (D3) received HALCHEM VIII Young Scientist Award in HALCHEM VIII at Inuyama, Aichi (12th ~ 15th September, 2017).

P-47  Yanhui Lu

           with H. Nakatsuji, Y. Okumura and K. Ishihara (Nagoya University)

          "Chiral Nucleophilic Amidophosphate-Catalyzed Enantioselective Iodocyclization"

           https://www.ishihara-lab.net/japanese/halchem-viii-closed/poster-award-winners/


中川恵太(M1)が第52回有機反応若手の会(2017年7月12日(水)〜7月14日(金)、麿洞温泉 涼風荘(三重県津市))で優秀ポスター賞を受賞

P2-1「キラルホスフィンオキシド-鉄(II)触媒を用いる2-ナフトールのエナンチオ選択的参加的カップリング反応」 中川恵太(M1) 第52回有機反応若手の会

▼山下賢二博士(D修了)と阪本竜浩(D2)が日本化学会第97春季年会学生講演賞を受賞しました。

1E6-39 Chiral Macrocyclic Lithium Binaphtholate Catalysts for Enantioselective Alkynyl Addition to Ketones
◯Kenji YAMASHITA, Naoki OOI, Manabu HATANO, Kazuaki ISHIHARA

4E6-33 Multiselective Diels–Alder Reaction Induced by Chiral Supramolecular Lewis Acid Catalysts
◯Tatsuhiro SAKAMOTO; Manabu HATANO, Kazuaki ISHIHARA

石原一彰教授、平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)受賞

文部科学省プレスリリース 平成29年4月11日

名古屋大学プレスリリース 平成29年4月17日

平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞者一覧

受賞日:平成29年4月19日

Recruit

ポスドク及び大学院生を募集中です。

当研究室では学部生、大学院生の研究室見学を随時受け付けております。

希望者は、石原教授までメールでお問い合わせ下さい。

 

Postdoctoral and graduate students is being recruited.In our laboratory will be accepted at any time undergraduate, graduate student visits to laboratories.Those who wish, please contact us by e-mail to Professor Ishihara.

Access

ISHIHARA GROUP

名古屋大学

大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻(工学部 化学生命工学科)
有機化学講座

触媒有機合成学研究グループ

〒464-8603 名古屋市千種区不老町

B2-3(611)

 

Laboratory of Catalysis in Organic Synthesis, Research Group of Molecular Chemistry, Graduate Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Graduate School of Engineering (Undergraduate Department of Chemistry and Biotechnology, School of Engineering), Nagoya University

B2-3(611), Furo-cho, Chikusa, Nagoya 464-8603, Japan